ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、こんにちは。ニューヨークは随分あたたかくなってきました。まだ朝や夜は冷え込みますが、春はもうすぐそこです。2月は素晴らしい公演が多かったので、先月号に書ききれなかった公演のレポートも載せました。先月号のレポートで、実はハンブルグバレエのものはあまりにもゲイ色が強かったので、当たり障りのないことしか書けませんでした。私はゲイについての本を公に出版したことがあるというのに、まともには直視しづらい過激な作品でした。しかし後になって、もっと突っ込んで書いてみたほうがよかったのだろうかと、考えもしました。ニューヨークなので色々な過激なダンス公演がたくさん来ますが、日本の読者の皆様に、どこまで突っ込んで内容を書いていいのかどうか、悩むところです。

ニューヨーク・シティー・バレエの3人の振付家による小品集

 1月3日から2月25日まで、ニューヨーク・ステート・シアターにて、ニューヨーク・シティー・バレエの冬の公演が行われていました。見納めには、2月23日夜の公演、「フォー・ザ・ファン・オブ・イット」を観に行きました。3人の振付家の小品集で、とてもバラエティーにとんだプログラムでした。
 『サーカス・ポルカ』は、サーカスの団長の、大人の男性一人と、サーカス団員は全員小さな子供たちばかりの、珍しい作品でした。幼稚園から中学生くらいまでの子供たちです。ジェローム・ロビンズの1972年の振付作品です。小さな女の子たちの踊りは、とても可愛かったです。会場は微笑みで包まれて和みました。


 

 
『ワルプルギスの夜』

 『ワルプルギスの夜(Walpurgisnacht Ballet)』は、ジョージ・バランシンが1978年にパリ・オペラ座に振付け、1980年にニューヨークで初演した作品です。音楽はグノーの『ファウスト』。すごく綺麗で、可憐な、バランシンらしい素晴らしい振付でした。すごく良かったです。王子様とティアラを付けたお姫様のような女性が2人でてきました。この3人の主役たちは、サラ・ミーンズ、チャールズ・アスケガード、アビ・スタフォードです。たくさんの女性たちも踊っていて、まるで花の妖精のようでした。最後には、女性たちは全員、長い髪を下ろして出てきて踊っていました。
『ジュ・デ・カルテ』は、ストラヴィンスキーの音楽を使って、ピーター・マーティンスが1992年に振付けた作品です。トランプの物語です。ハート、スペードなど4種類のトランプ柄のチュチュなどの衣装を着ていて、とてもメルヘンチックで可愛らしいです。キングやクイーンもいます。主役たちはジャレド・アングル、ベンジャミン・ミルピエ、アンドリュー・ヴェイェッテ(Andrew Veyette)でした。ソロもたくさんありました。全体に、物語り風でした。衣装も振付も、楽しい作品です。
『火の鳥』は、1949年の、ジョージ・バランシン振付の作品です。何度か観たことがある作品なので、こちらのコラムにも書いたことがあります。これは、ニューヨーク・シティー・バレエの数ある作品の中で、私が個人的に一番大好きな作品です。舞台セット、シーンと衣装デザインは、シャガールによるものです。シャガールの絵の世界の中に紛れ込んだような、夢心地の錯覚を味わうことが出来ます。バランシンの振付も最高で、特に、火の鳥の感じがよくでている踊りが素晴らしいです。白鳥でも黒鳥でもない、まさしく火の鳥な感じなのです。何度観ても感動して、鳥肌が立つ素晴らしい傑作です。今回のファイヤーバード役は、プリンシパルダンサーのアシュレー・ボーダーが踊りました。何回でも観たい作品です。


『ワルプルギスの夜』

 

『火の鳥』