ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

皆様、こんにちは。 ニューヨークは、まだまだ寒さが続いています。今日も雪が積もっています。今年は暖冬だったので、やっと寒くなってきてかえってほっとしましたが、短い冬になりそうです。春はもう、すぐそこまで来ています。  さて今月は、素晴らしい公演が目白押しでした。拝見した公演で書ききれないものは、来月に分けてレポートをお送りします。

ニューヨーク・シティー・バレエのロビンスのプログラム

 1月3日から2月25日まで、ニューヨーク・ステート・シアターにて、ニューヨーク・シティー・バレエの冬の公演が行われていました。
私が観た公演は、1月24日の、「ジェローム・ロビンス:アン・アメリカン・アイコン」です。全てジェローム・ロビンス振付作品の小品集です。この日は、ロッド・スチュアートが夫妻で観劇していました。あのまんまのヘアスタイルで来ていたのでとても目立っていましたが、ニューヨークなので珍しいことではなく当たり前なので、誰も彼に声をかける人がいませんでした。ニューヨークは、著名人であっても伸び伸びと羽を伸ばして出かけることが出来る街なのでしょうね。


「イン・メモリー・オブ・・・」
『2&3パート・イノベンションズ』は、とても個性的で面白い振付でした。ソロやペア、3~6人くらいの群舞が移り変わっていき、草原で飛び回って遊んでいるような感じの踊りでした。楽しそうな振付でよかったです。手の平を外に向けて踊るような、クラシックの中にもコンテンポラリーの要素が盛り込まれていました。

『ア・スイート・オブ・ダンスズ』もとても個性的な振付でした。音楽にあっていました。遊んでいるような、やんちゃで楽しそうな振付です。

『イン・メモリー・オブ・・・』は、チェロが1台舞台上に置かれ、女性がチェロを演奏して、生演奏の音楽に合わせて男性ダンサーがソロで踊りました。2人で顔を見合わせながら、会話をするように踊っていました。

『アイ’ム オールド・ファッションド』は、とてもエレガントな振付でした。シアター風で、演技をしているような踊りでした。とても印象に残ったのは最後の終わり方で、男性ダンサー2人と女性1人が3人で踊っていて、男性2人に女性がリフトされて、空中で足をこいでいるように動かしながら、そのまま男性たちはゆっくり歩いて幕間に消えていきました。