ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、こんにちは。過ごしやすい秋になりましたね。さて、8月下旬から9月初旬は年に一度、ジョイスシアターやBAMなど、ニューヨークの劇場が休暇になるので、今月号はレポートが少なめになっています。私自身も、数年ぶりに、この機会に長期で一時帰国することができました。いろいろな公演を見逃さないようにしたかったため、なかなかタイミングを見計らって帰国するのは難しいです。10月はニューヨークのダンスシーズンも真っ盛りになります。

カンパニーCのトワイラ・サープ作品ほか

 7月下旬に、ジョイス・ソーホーで、コンテンポラリー・バレエのカンパニーCの公演がありました。ジョイス・ソーホーは、ジョイスシアターの系列です。とても小さな劇場なので、客席と舞台が至近距離で、すごい迫力で踊っているダンサーたちを観ることができます。時々、観に行きたくなる劇場です。

 このカンパニーは、2002年に、サン・フランシスコで結成されました。著名な振付家の外部の作品も取り入れ、彼ら自身の振付作品も上演しています。ダンサーたちは14名、率いる芸術監督はチャールズ・アンダーソンです。彼は1985年から93年まで、ニューヨーク・シティ・バレエに在籍したダンサーでした。NYCBのクラシック・バレエ・ダンサーだった人が作ったコンテンポラリー・バレエのカンパニーなので、とても興味深く拝見させていただきました。

 ダンサーたちのレベルはとても高く、素晴らしかったです。作品は、とてもバラエティーに富んでいました。外部からの振付家の作品は選りすぐられていて、アレクサンドレ・プリオア、パトリック・コービン、トワイラ・サープの作品でした。それに加えて、芸術監督のチャールズ・アンダーソンの作品も上演されました。

 特に、トワイラ・サープの『カントリーダンス』は、彼女のなかでは1976年の古い作品でしたので、興味深かったです。カントリーのような、フォークダンスのようなものが中心で、アメリカの古い音楽を使っていました。女の子たちは、古き良きアメリカのような、ノースリーブのフレアーギャザースカートを着ていました。フォークダンスのように、男女ペアの振付も多かったですが、数人で踊るところもありました。全体的に、楽しそうな感じが良く出ていました。

 チャールズ・アンダーソンの作品『ハッシュ』は女性のソロで、くるくると回りながら動くところが多く、全体的な印象は風に舞っているようなかわいい踊りでした。また、『アポシオペシス』は男女6名で踊り。中東のような衣装と踊りで、とても面白い振付でした。音楽も踊りも静かでゆっくりとしたものから激しいものまで、何度も強弱が繰り返されて、とてもメリハリのある作品でした。