ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様こんにちは。ニューヨークは涼しくなり、過ごしやすい気候になりました。  さて、今月号は、前回に引き続き、毎年恒例のリンカーン・センター・フェスティバルのレポートの後半を中心にお送りします。今年は、ニューヨークのダンス・レポートを始めて以来、このフェスティバルで一番多くの公演を観ました。

ビル・T・ジョーンズ&アーニー・ゼーンの『ブラインド・デート』

 ビル・T・ジョーンズが芸術監督、振付家として率いるカンパニーです。彼自身もまだ現役のダンサーとしてこのカンパニーで踊っています。ビル・T・ジョーンズは、今まで140以上の振付作品を創作し、数々の賞を受賞しています。

アルヴィン・エイリー・アメリカン・ダンス・シアターやリヨン・オペラ座バレエ、ベルリン・オペラ座バレエなどにも振付作品を創作し、提供しています。彼は、1988年に亡くなったダンサー兼振付家のアーニー・ゼーンとともに、1982年にこのカンパニーを創立しました。彼らは、このカンパニーを創る以前は、ソロやデュエットで振付やパフォーマンスをしていました。ニューヨーク出身でハーレムをベースにしている著名な黒人男性振付家なので、以前からちらほら話題を聞いたことがあり、一度観てみたいと私も興味を持っていました。30カ国以上、200都市以上で公演を行ってきたカンパニーです。


 ブラインド・デートとは、互いに相手を探しているような男女が、友人や親戚などを通して、お互いに初対面でデートをすることです。アメリカでは、よく行われる習慣です。
 この公演では、さまざまな人種や国のダンサーたちが、映像を交えて次々に登場し、それぞれのクエスチョンや問題や話題を示していき、走馬灯のように流れていきます。それぞれの観客が、この作品を観て、受け取り方を選んでいかなければならないという作品です。

舞台上には、大小6個のスクリーンが設置されていて、各国の文字で文章や色々な人種の人々の顔が映し出されているところから始まりました。ビル・T・ジョーンズが、スーツを着て、タバコを吸いながら出てきて、女性のヴォーカルと合わせながらソロで踊り始めました。女の子が出てきて、服を全部着替えたりした後、シーンが変わって、中東の女性ダンサーが出てきてスクリーンに映っている映像と交えて、本人も中東の踊りをしました。中国人のダンサーも出てきて、映像の中の彼の父に合わせて踊りました。兵士たちが狙撃している映像もでてきて、社会に対してさまざまなメッセージを投げかけている様子でした。

振付自体も面白かったです。モダンあるいはコンテンポラリー・ダンスの個性的な動きでした。この作品は、振付をダンス作品として楽しむというものより、観客に語りかけるメッセージ性が強い作品でした。