ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 みなさまこんにちは。ニューヨークでも、暑い日が続いています。それでも、例年よりは涼しい様子です。7月もダンスやバレエの公演シーズン真っ盛りでした。特に毎年恒例の、リンカーンセンター・フェスティバルは、世界中から選りすぐったダンスカンパニーが招かれて公演をするので、大変興味深く、私はできる限り鑑賞させていただいています。今年はこのフェスティバルで公演の数を多く観たので、今月号と来月号と2回に分けてレポートをお送りします。

アメリカン・バレエ・シアターの公演から『マノン』ほか

 5月22日から7月15日まで、リンカーンセンターのメトロポリタン・オペラ・ハウスで、ABT(アメリカン・バレエ・シアター)の公演シーズン中でした。7月には、3つの公演を観ました。

『マノン』は、このシーズンに特別に上演されるものです。初演は、1974年、ロンドンで、英国ロイヤルバレエによるものでした。主役のマノンはジュリー・ケント、相手役はホセ・マヌエル・カレーニョです。加治屋百合子も良い役で踊っていました。印象に残ったシーンは、最後の幕で、舞台セットが素晴らしかったです。マノンが最後に亡くなるのですが、その直前の死にかけの時に、彼女の魂がこの世とあの世の狭間を行ったり来たりしている様子を表現していました。舞台セットは、後ろ半分の背景シーンと、マノンたちがいる舞台前半分のシーンに分かれ、その間には舞台の端から端まで、上から下に太いグレーのボロでできたようなヒモがたくさん垂れ下がっていて、後ろ半分のシーンや今までの人生の出来事を回想している内容を演じているダンサーたちが透けて見えるようになっていました。この、霊界とこの世の狭間をこのような太いヒモを使った舞台セットで表現しているなんて、このアイデアはとても素晴らしいと感動しました。

『マノン』

『海賊』は、アンヘル・コレーラが奴隷役をやっていて、ふだんの王子様役と違った、荒々しくて男らしい演技と踊りはとても素晴らしかったです。この作品で、現在の一番の見所は、やはり、アンヘルの奴隷役の踊りだと思います。私は、彼の踊りが目に焼きついて忘れられません。アンヘルの出番は少しなのですが、公演が終わってカーテンが下り、カーテン・コールに出てくるときには、アンヘルが一番たくさん花束を投げられていて大喝采でした。この作品はプリンシパルたちがいつもよりもたくさん出ていて豪華で、デヴィッド・ホールバーグ、エルマン・コルネホ、パロマ・ヘレーラ、シオマラ・レイエスです。特に、男性たちの大ジャンプが多く、力強い踊りをたくさん観ることが出来ます。

『ロミオとジュリエット』は、アンヘル・コレーラとシオマラ・レイエスが主演です。シオマラのジュリエットは初めて観ましたが、とても可憐な少女の感じがよく出ていて、はまり役でした。特に、最後に命を絶つシーンが繊細に演じられていて、客席も感動で盛り上がりました。アンヘルは出てくるだけで客席がどよめくスターでした。有名なバルコニーでの2人の密会のシーンもとても美しかったです。