ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、こんにちは。お元気ですか? ニューヨークは暑くなってきました。6月はNYCBやABTも公演があり、バレエとダンスのシーズン真っ盛りでした。どれを観に行こうか迷ってしまうくらいです。できるだけしぼって観に行くようにしました。

ダンス・アフリカ 2006

 5月26日から28日まで、毎年恒例の、ダンス・アフリカの公演が行われました。一度観てその魅力のトリコになって以来、毎年観に来ていて今年で3回目です。ニューヨークに住んでいる、アフリカをルーツにもつ黒人コミュニティーのお祭りのようなものです。大勢の太鼓の生演奏が続き、客席にいても身体までそのリズムが響いて、楽しい一晩です。出演者はほとんど黒人ばかりで、時にはアフリカからダンス・カンパニーを呼び寄せていて、観客も黒人がほとんどです。客席の人々は、色とりどりのアフリカの民族衣装を着て集まっています。これが彼らの正装なのでしょうね。ババ・チャック・デイヴィスが芸術監督で仕切っていて、本人も司会で度々舞台に登場して、その度にみんなが大笑いしていました。とても大きくて明るい人で、彼が出てきただけでパッと会場が明るくなります。今年は第29回目の公演でした。長い歴史があるのですね。
 今年は、ペルー・ネグロというペルーのアフリカン・コミュニティーのダンス・カンパニーが来ていました。歌手とダンサーたちと太鼓の生演奏でした。他は、さまざまなアメリカ在住のアフリカン・ダンスのグループが、太古の生演奏に乗って出演し、踊りました。

※写真をクリックする別ウィンドウで大きな画像をご覧になれます。