ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

ニューヨーク・シティ・バレエ

 4月25日から6月25日まで、リンカーンセンターのニューヨーク・ステート・シアターにて、ニューヨーク・シティ・バレエの公演が行われています。

 私は初めて、5月10日の「スプリング・ガラ」を観に行ってみました。この日は、日頃からニューヨーク・シティ・バレエに寄付金を納めて支援しているニューヨーク中の大金持ち(パトロン)が、招待されて一堂に集まる日でした。ニューヨークのハイソな人々大集合の、すごい一晩です。会場入り口には、マスコミが詰めかけ、時々、男女ペアでやってくるセレブたちがにっこりと微笑んで、写真を撮られていました。男女とも正装していて、女性は肩を出したロングドレス、男性はタキシードだらけでした。大パーティーですね。私は普通の格好で出かけて、ドレスは着なかったので、なんだか場違いでした。でも、他の報道陣たちも普通の格好でしたので、ちょっとほっとしました。会場に集まって来ている人々を眺めるだけでも、とても楽しい一晩でした。

『イーヴンフォール』

 この特別なガラで上演された作品は、ピーター・マーティンス振付の『ザ・レッド・ヴァイオリン』(初演)、ウィリアム・フォーサイス振付の『ヘルマン・シェルマン:パ・ド・ドゥ』(1992年初演)、クリストファー・ウィールドン振付の『イーヴンフォール』(初演)です。

『ザ・レッド・ヴァイオリン』と『イーヴンフォール』は、この晩が初演の、新しい作品です。どちらも、シンプルな衣装で、音楽の世界を表現した、クラシックの振付です。クラシックならではの華やかな感じではなく、シンプルで都会的なイメージの、現代的な作品だと思います。

『ヘルマン・シェルマン:パ・ド・ドゥ』は、ウィリアム・フォーサイスの振付です。フォーサイスの振付作品は前から観てみたいと思っていたので、嬉しかったです。足の付け根の関節を開けたり閉じたりし続けて、揺れてカクカクしながら踊る感じの、とても個性的な振付でした。これが、フォーサイスの特徴なのでしょう。


『イーヴンフォール』

『ザ・レッド・ヴァイオリン』

『ザ・レッド・ヴァイオリン』
※写真をクリックする別ウィンドウで大きな画像をご覧になれます。