ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

シルク・ドゥ・ソレイユ

 4月29日から6月2日まで、毎年恒例の、シルク・ドゥ・ソレイユのニューヨーク公演が行われました。『Corteo』という新しい作品です。シルク・ドゥ・ソレイユは、1984年に、カナダのケベック・シティーのギ・ラリベルトが創ったサーカスです。日本でもおなじみで、大人気ですね。ここニューヨークでも、毎年彼らの公演を楽しみにしている人々が大勢いるので、私も観に行ってみました。私が彼らの公演を観たのは初めてだったのですが、観てびっくり!ダンスやサーカスの演技の技術も高く、美術的にも美しく、夢のような世界だったので、今まで観なかったなんてもったいないことをした、と思いました。入り口で販売していたTシャツもとても美しくてカッコいいデザインだったので、記念に2枚買いました。これからは、毎年観に行きたいものです。

 衣装も舞台セットも、とても美しく、色彩的にも綺麗で、絵本の中に入り込んだような、夢のような空間でした。上に天国、地面に地上を表した舞台でした。全部が美しかったので、驚きました。音楽も、オリジナルをバンドが生演奏していて、バンドの人たちもピエロのような衣装とメイクをしていました。

 シルク・ドゥ・ソレイユのメンバーは、もとオリンピックの体操選手のメダリストたちがスカウトされてたくさん入っていると聞きました。それほど、男女ともサーカスの演技のレベルは超人的でとても高いです。普通のダンサーでは出来ないレベルの演技が繰り広げられました。女性たちの演技には、ダンスの要素ももちろんあります。空中ブランコ、綱渡りしながらの曲芸、鉄棒、宙返りなどなど。女性たちが空中で吊られたまま上でダンスするシーンもありました。

 演技、ダンス、音楽、舞台セット、衣装もすべて、とても美しくてレベルが高いので、本当に驚きました。彼らの、つくり手としての、お客さんを楽しませようという強い熱意を感じました。
※写真をクリックする別ウィンドウで大きな画像をご覧になれます。