ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

めりはりがあったスティーブン・ペトロニオ・カンパニー

 4月18日から23日まで、ジョイスシアターでスティーブン・ペトロニオ・カンパニーの公演が行われました。1984年にニュージャージー出身のスティーブン・ペトロニオによって創立されたダンスカンパニーです。観客は満員で、全体にいつもより年配の方々が多かったです。

 一つ目の作品『バッド・スイート』は今回が初演です。ゆっくりしたリズムのハミングの歌の曲を使っていました。男性2人が、1つの黒いスーツを縦に半分に割った状態で、左右半分ずつを着用した衣装で、ペアで踊りました。女性も4人出てきましたが、ダンサーたちは全員はだしでした。振付はモダンかコンテンポラリーです。2つ目の『ブルーム』も今回が初演です。客席の右側に指揮者がいて、左側にコーラス隊の少年少女達が大勢いました。コーラス隊は、最初はもりながら客席の下に現れ、下から上に登って移動していきました。

 音楽は、録音のアカペラだけのコーラスの音に、この少年少女のコーラス隊の歌声を加えていました。教会の賛美歌のような感じでとても良かったです。最初はゆっくりしたコーラスで、踊りは似たような振付がずっと続きました。そして、早いリズムのコーラスに変わり、ダンスの振付もビュンビュンと早いものになりました。これは、とてもよかったです。

 最後は『ザ・ライト・パート』です。衣装は男女ともぼろ布で出来たような、全身タイツのようなものでした。今回の公演全体を通して振付は、両足内股か、まっすぐのものが多いです。音楽は、クラシックやゆっくりしたもの、リズムの激しく速いものなど、交互に使われていて、メリハリがありました。面白かったです。



『BLOOM』

『Bud Suite』

『The Rite Part』
※写真をクリックする別ウィンドウで大きな画像をご覧になれます。