ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

「ニューヨーク・シティー・バレエ」

冬のシーズン中のニューヨーク・シティー・バレエの公演に、今月も、2月4日に行ってみました。ニューヨーク・ステイトシアターです。ここは、本当に、舞台セットも含めて繊細で美しいバレエ作品を見せてくれるので、いつも楽しみにしています。先月号の、『火の鳥』に感動して、特に1945年にシャガールがデザインした、その舞台セットと衣装をもう一度じっくりと見たい一心で、また観てしまいました。やっぱり、とても良かったです。

この日の公演は、3つの小品集でした。一つ目の『ファンシー・フリー』は、以前見たことがある作品でしたので、詳細は省略します。1944年の暑い夏の夜のニューヨークが舞台のお話です。3人の水夫が、夜のバーで繰り広げる、女の子との出会いの様子を描いています。初演は1944年、バーンスタインの音楽で、ジェローム・ロビンズの作品です。

次の『ソングス・オブ・ザ・オーベルニュ』は、フランスのオーベルニュ地方の作曲家、マリー・ジョセフ・カンテロウブの曲に乗って、ピーター・マーティンスフ振付の作品です。舞台背景のバックは、とても美しい風景画が広がり、オペラ歌手が、時々舞台上や舞台の近くで歌を歌っていました。


※写真をクリックする別ウィンドウで大きな画像をご覧になれます。