ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、お元気ですか? ニューヨークは、すっかり肌寒くなってきました。秋になり、ダンス公演がたくさん開催される時期になりました。これから年末にかけて、様々なダンス公演が目白押しです。どれを観ようか迷ってしまうくらいです。

●「フォール・フォー・ダンス・フェスティバル」

去年から行われている、フォール・フォー・ダンス・フェスティバルが、ニューヨーク・シティー・センターで9月27日から10月2日まで開催されました。これは、世界各国の様々なダンスカンパニーの作品を、オムニバスで、たった10ドルのチケット代で観ることが出来る素晴らしい企画です。ダンスを勉強中の学生たちにとっても、ダンス鑑賞の絶好の機会になっている様子でした。

私が今回観たものは、10月1日の公演です。グラン・バレエ・カナディアンの『マイナス・ワン』、ナイ・ニ・チェンによる『パッセージ・トゥ・ザ・シルク・リバー』、ベンジャミン・ミルピード&カンパニーによる『サーキュラー・モーション』、ブレンダ・アンジール・エアリアル・ダンス・カンパニーによる『エア・コンディション』、ポール・テイラーによる『エスプラネイド』です。1晩で、てんこ盛りの内容でした。

グラン・バレエ・カナディアンの『マイナス・ワン』の、最初の作品は、以前観た、イスラエルのバドシェバの作品と同じ振付でした。今回見たこの日の公演のなかで、一番、振付が良かった作品です。半円状にイスを並べて、大人数で踊るものです。他には、胴体に順番に、バケツに入った泥を塗りつけていき、激しく踊るものもありました。面白かったです。

ナイ・ニ・チェンは、中国に昔から伝わっているような踊りと、コンテンポラリーをミックスさせたような振付でした。中国の着物の長い袖を振って、ぐるぐる回してはためかせて踊るものもありました。
ベンジャミン・ミルピード&カンパニーは、グランドピアノ2台で生演奏にのって踊りました。振付はダイナミックでとてもよかったです。ダンサーは男性4人のみです。

ブレンダ・アンジール・エアリアル・ダンス・カンパニーは、天井からワイヤーでダンサーたちがつるされており、ステージにはドライアイスのスモークに満ちていて、空中に浮きながら、まるで雲の上にいるかのような踊りでした。宙に浮いているので、ゆっくりジャンプや回転をしたり、逆さに吊られて踊ったり、普通のダンスでは考えられないような振付でした。

ポール・テイラーは、これは以前観たことがある作品でした。このコラムのバックナンバーにも書きましたので、省略させていただきます。