ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 皆様、こんにちは。ニューヨークは春のはずですが、また寒さがぶり返しています。コートを着て外出しなければならないほど、冷え込んでいます。気候がおかしいですね。  さて、5月は初旬からNYCB(ニューヨーク・シティー・バレエ)と、下旬からABT(アメリカン・バレエ・シアター)のシーズンが始まりました。今月号は、NYCBのレポートをお送りします。来月号にABTのレポートを載せますので、お楽しみに。

●フランス出身のサバによる「サバ・ダンス・シアター」

5月13日、14日に、ミッドタウンにあるザ・フレンチ・インスティテュート・アライアンス・フランセースにて、サバ・ダンス・シアターの公演が行なわれました。サバは、ニューヨークの地元では、地道な活動を続けている、知られたダンサー・振付家です。私も以前から彼の名前を聞いていて、2回、小さなショーケースで、彼の作品を観たことがありました。

メンバーには、NYU大学院(アート・イン・ダンス&ダンス・エデュケーション修士取得)出身の日本人ダンサーの鈴木ヤヨイさんと、マーサ・グラハム・スクールとペリダンス・センター出身のムネト・トモコさんもいます。ダンサーは、サバ本人も含めて17名です。

サバは南フランスの小さな町出身で、14歳の時に事故にあい、医者の勧めでダンスを始めて、16歳でダンスの楽しみを知ったそうです。大学で園芸学を学んだ後、カンヌのダンススクールのオーディションを受け、ダンスカンパニーのメンバーとなりました。同時に、音楽のコンサバトリーで、ヴォイス・トレーニングを受けて、キャバレー・ショウで歌って踊る活動を続けました。そして、マーサ・グラハム・ダンス・アンサンブルで、奨学生として学ぶ機会を得て、ニューヨークに来ました。1996年8月から半年間、マーサ・グラハム・スクール・オブ・コンテンポラリーにて学んだ後、マーサ・グラハム・ダンス・アンサンブルに参加し、2000年5月まで続けました。

 衣装は、マトリックスのような、長いコートのようなワンピースなど、とてもセンスのいいカッコいいものばかりでしたが、なんと、サバ本人がすべてデザインして縫っているそうです! これには驚きました。アーティストですね。全体に、振付も衣装も、彼の美的センスが満ち溢れています。とてもフランス的です。彼は、忙しくて暇が無いことでしょう。

 何名か、おデブさんのダンサーがいたので驚きました。「なんで、こんな太った体型で、プロのダンサーをやっているの?」とびっくりするくらいの、ブヨブヨのおデブさんなのです。きっと、わざとおデブさんのダンサーを混ぜて入れているのでしょうね。ボンレス・ハムのようなおデブがウゴウゴと動いて踊っているので、その度にぜい肉が醜く揺れて、ギャグを観ているような愉快な錯覚に陥りました。

 サバは、キャバレー・ショウで鍛えた歌も披露していました。歌いながら踊るシーンもありました。
 一番面白かった振付は、最後の、サバのソロでした。使っている音楽も、サバ作曲のものです。踊り、振付、衣装デザイン・製作、作曲・歌までやっているのですね。変わった踊りで、リズムもはっきしなくて、速く踊ったり遅く踊ったり、とても自由に表現した、伸び伸びとした詩のようなものでした。後ろのスクリーンに、同じ踊りのビデオが流れて、その画像がミックスされて変化して動いていったので、本人の踊りとスクリーンの踊りとが合っていて、とても面白い効果を生んでいました。ソロで踊っているだけよりも、映像と組み合わせたお陰で、良くなったのでしょう。