ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 ニューヨークは、だんだん暖かくなってきました。春の到来も近いです。もうすぐ、ここも桜やモクレンの花が満開になるでしょうね。  さて、今月は、日本から公演に来ていた演劇界のD.K.ハリウッドについても書きました。彼らは、純粋なダンスカンパニーではなく、歌・踊り・演劇のカンパニーですが、扱っているテーマもニューヨークにピッタリで面白かったので、取り上げました。もっとニューヨークの大きなホールで上演して、たくさんの人々に観ていただく機会を実現されるといいですね。彼らはきっとニューヨークで受けるだろうし、成功できると思います。応援しています。

●サンフランシスコのカンパニー「Printz Dance Project」

 3月3日から6日まで、ジョイス・ソーホーにて行われた、Printz Dance Projectの公演を観にいきました。コンテンポラリー・ダンスの殿堂であるジョイス・シアターよりも小さく、ダンスのレッスン場のような雰囲気で、客席とステージが同じ高さの劇場です。ですから、至近距離で、観客とステージと一体になって鑑賞できる、とても雰囲気のいいところです。出演するダンスカンパニーもジョイス・シアターよりも小規模なものですが、たまには小さなカンパニーの作品も拝見してみたくなったので、今回は初めて取材に行ってみました。サンフランシスコを拠点としているカンパニーで、アーティスティック・ディレクター兼振付家は、Stacey Printz です。彼女は、12年以上、フュージョン・テク二―ク、モダン、ジャズ、ヒップ・ホップ、ワールド・ダンスなどを教えつづけています。現在も、サンフランシスコ・ダンス・センターとセント・マリーズ・カレッジのスタッフを務めています。

 今回出演したダンサーたちは、Printzも含めて8名です。上演作品は、5つの小品集でした。
「0-10 in 17」は、舞台後方に大きなスクリーンが置かれ、17分間のストップウォッチ(17分から16分59秒・・・と逆に進んでいくもの)が映し出されていました。これは2002年初演の作品です。エレクトロニックのハウス音楽で、2人の女性は黒のつなぎの上下に、両ひざ、両もも、胸、背中にローラースケートをつけて出てきました。そして、踊りながら、時々床に寝転がって体のローラースケートで、滑りながら動いていました。その他にも6人の男女のダンサー達が次々に出てきて踊りましたが、この2人のローラースケートを使った振付が特に目立っていました。

 次に面白かった作品は、最後の『サーフェイシング』です。これは、ヒップ・ホップの曲で、ダンスも、ヒップ・ホップを多用したものでした。スクリーンの後ろから次々にダンサーたちが出ては消えて、マイクを持った男性のヴォーカル付きでした。そして中盤になって、一人の男性がスクリーンの後ろから出てきて、彼はマイクを口にくっつけて、ヒップ・ホップのリズムをすべて生で、一人でやっていたということが明らかになりました。そしてしばらくの間、彼の口による生伴奏が続き、会場は大いに沸きました。