ワールドレポート

パリ

ワールドレポート ~世界のダンス最前線~ From Paris <パリ>

パリの記事一覧

『天井桟敷の人々』の魅力的人物像をオペラ座の多彩なダンサーたちが踊った

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Jose Martinez "Les Enfants du Paradis " ジョゼ・マルティネス振付『天井桟敷の人々』2008年に初演されたジョゼ・マルティネス振付の『天井桟敷の人々』が再演された。 原作のマルセル・カルネ監督の映

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/08/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:クレールマリ・オスタ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURA2012年7月、オペラ座にアデュー。二人の子供を持つクレールマリは来日のチャンスが少なく、エトワールながら日本のバレエ・ファンにはなじみの薄い名前かもしれない。『アルルの女』『椿姫』『オネーギン』『ぺトルーシュカ』・・・タイプの異なる女性を繊細なポワント・ワークで踊り、観客を作品の世界

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/07/11掲載

動きと光の変化によって生命のほとばしりが感じられた『レイン』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Anne Treresa de Keersmacker " Rain" アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル振付『レイン』 2001年ローザスによって世界初演されたアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマケール振付の『レイン』がパリ国立オペラバ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/07/11掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:ミュリエル・ジュスペルギィ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAMuriel Zusperreguy ミュリエル・ジュスペルギィ(プルミエール・ダンスーズ)ケースマイケルの『レイン』終了後は、6月末からジョゼ・マルチネーズ『天井桟敷の人々』で好評だったナタリー役を再演する。『リーズの結婚』では陽気でお茶目なリーズを演じ、『カリギュラ』では暴君を包み

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/06/10掲載

マルティネズとル・リッシュが鮮烈なマッツ・エクのダンスを踊った

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Mats Ek "La Maison de Bernarda", " Une sorte de・・・" マッツ・エク振付  『ベルナルダの家』『一種の・・・』幕が上がるとバッハが響き渡った。右手前に置かれた亡き夫の胸像の前にベルナルダ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/06/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:クリストフ・デュケンヌ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAChristophe Duquenne クリストフ・デュケンヌ(プルミエ・ダンスール)入団23年目の実力と若々しい青年の風貌を併せ持つ。4月は『ロメオとジュリエット』でベンヴォリーオ役を好演。『ロメオとジュリエット」のファースト・キャストでベンヴォリーオ役を踊ったクリストフは、表情豊か

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/05/10掲載

サン=レオンの振付を復元したオペラ座バレエ学校のラコット版『コッペリア』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoEcole de Danse de l'Opéra national de Paris パリ国立オペラ座バレエ学校公演John TARAS DESSEINS POUR SIX ジョン・タラス振付『6のためのデッサン』 Pierre LACOTTE COPPELIA  ピエール・ラコット復元振付『コッペリア』パリ国立オペラ座ダン

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/05/10掲載

ガニオのロメオ、プジョルのジュリエット、エイマンのマキューシオが競演

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Nudolf NOUREEV ROMEO ET JULIETTE  ルドルフ・ヌレエフ振付『ロメオとジュリエット』幕があがるとルネッサンス時代のヴェローナの町が広がった。騎馬像のある広場は装飾を施したきらびやかな館に囲まれている。イタ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/05/10掲載

ジルベールのスワニルダが思わず魅せられたマルティネズのコッペリウス

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opéra national de Paris パリ国立オペラ座バレエ団Patrice BART COPPÉLIA パトリス・バール振付『コッペリア』今回の『コッペリア』の再演は、この作品の振付、演出を行ったパトリス・バールのメートル・ド・バレエ引退記念となった。バールは1957年にパリ国立オペラ座バ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/04/11掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:フローラン・メラック

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAFlorent Mélac フローラン・メラック(カドリーユ)入団4カ月後、「ダンサー・コレオグラファー」公演で創作を発表オペラ座バレエ団員として舞台で踊る傍ら、創作活動をするダンサーたちがいる。今年1月19〜21日、バスチーユ・オペラ座の地下ホールで数年ぶりに「ダンサー・コレオグラフ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/03/10掲載

カリギュラの治世を四季になぞらえ、さらに死を描いたル・リッシュの振付

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Nicola Le Riche Caligula ニコラ・ル・リッシュ振付『カリギュラ』パリ・オペラ座バレエ団のエトワール、ニコラ・ル・リッシュは2003年秋にクラヴィーゴを踊った。この『クラヴィーゴ』はローラン・プティがゲーテの戯

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/03/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:ジョゼ・マルティネス

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAJose Martinez ジョゼ・マルティネス(エトワール)オペラ座引退後、スペイン国立舞踊団のディレクターに就任今年7月末にオペラ座を去るジョゼ。9月からはマドリッドに居を構え、スペイン国立舞踊団の監督業にいそしむことになる。とはいえ、3月は『コッペリア』、4月はマッツ・エックの『

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/02/10掲載

「プリセツカヤへのオマージュ」、イルゼ・リエパの圧巻の踊り

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoGala Maïa Plissetskaïaマイヤ・プリセツカヤ ガラコンサート 「マイヤ・プリセツカヤへのオマージュ」12月6日にガラ公演「マイヤ・プリセツカヤへのオマージュ」がシャンゼリゼ歌劇場で行われた。全体のプログラムは最後に記した。 ドキュメンタリー映画の抜粋の上映が終わると拍手が沸き、平土間の観客が後ろを向いて立

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/02/10掲載

アンナを襲った心の危機、エイフマンの『アンナ・カレーニナ』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoEiflan Ballet Theatre de Saint-Petersbourg サンクトペテルブルク・エイフマン・バレエ劇場Boris Eifman ANNA KARENINE『アンナ・カレーニナ』トルストイの小説『アンナ・カレーニナ』(1877年)は映画、テレビに何度も翻案されてきたが、バレエにもマイヤ・プリセツカヤが

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/02/10掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:フローリアン・マニュネ

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAFlorian Magnenet フローリアン・マニュネ (プルミエ・ダンスール)2011年、プルミエ・ダンスールとしての成長が楽しみ2010年11月に開催された昇級コンクールで、男性プルミエ・ダンスールの1席をフローリアン・マニュネが射止めた。12月は『アポロ』と『白鳥の湖』の2つの

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/01/11掲載

オペラ座ダンサーが踊ったバランシン、ブラウン、バウシュの鮮烈な3作品

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団BALANCHINE/BROWN/BAUSCH 「バランシン/ブラウン/バウシュの夕べ」最初は1928年ディアギレフのバレエ・リュスによって初演され、1947年にパリ国立オペラ座バレエ団のレパートリーに入ったジョージ・バランシンの『

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/01/11掲載

意外な結末になったルテステュとマルティネスの『白鳥の湖』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoBallet de l'Opera national de Paris パリ・オペラ座バレエ団Rudolf Nureyev LE LAC DES CYGNES『白鳥の湖』パリ国立オペラ座バレエ団のクリスマス公演は『白鳥の湖』だった。会場のバスチーユ・オペラにはかなり年少の子供を連れた家族が目立った。開演前にちょうど後ろに座っ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2011/01/11掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:エロイーズ・ブルドン

ワールドレポート/パリ大村真理子(マダム・フィガロ・ジャポン パリ支局長)text by Mariko OMURAHéloïse Bourdon エロイーズ・ブルドン(スジェ)2010年度カルポー・ダンス賞に輝く未来のプリンセス2007年にオペラ座バレエ団に入団したエロイーズは、2008年の初のコンクールでコリフェに上がり、その翌年、スジェに昇級した。この10月には24歳以下の才能あるダンサーに授

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2010/12/10掲載

人間の聖なるものの探求するノイマイヤー『パルジファル』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoHamburg Ballet  ハンブルク・バレエ団John NEUMEIER PARZIVAL - EPISODES ET ECHO ジョン・ノイマイヤー振付『パルジファル』ハンブルク・バレエ団の引越公演がガルニエ宮で行われた。2006年ハンブルク初演の『パルジファル』である。 中世の騎士物語に通暁した振付家ジョン・ノイマイ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2010/12/10掲載

ロシアの伝統に根ざしながら21世紀を反映した『イワンと仔馬』

ワールドレポート/パリ三光 洋text by Hiroshi SankoMariinsky Ballet マリインスキー・バレエ団Rodion CHTCHEDRINE、Alexei RATMANSKI LE PETIT CHEVAL BOSSU ロディオン・シェチェドリン作曲 アレクセイ・ラトマンスキー振付『イワンと仔馬』11月の初めにサンクトペテルスブルクからマリインスキー歌劇場がパリのシャトレ

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2010/12/10掲載

ページの先頭へ戻る