ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 text by Mieko Sasaki 
[2013.11.11]

"運命の女"下村由理恵に捧げられた篠原聖一のバレエ

篠原聖一バレエ・リサイタル DANCE for Life 2013
『femme fatale』(運命の女)篠原聖一:演出・構成・振付

下村由理恵はなんて幸せなダンサーなのだろう。つくづく、そう感じた公演だった。振付家の篠原聖一が「生きるとは」をテーマに据えたバレエ・リサイタル“DANCE for Life”の8回目の公演で、実生活のパートナーでもある篠原はもちろんのこと、佐々木大や山本隆之、笠井瑞丈ら共演した名だたる男性ダンサーたちが、まるで競うように彼女を盛り立てていたからである。
今回の作品『femme fatale』(運命の女)は、原作がオペラ化されてもいる『カルメン』『椿姫』『サロメ』を題材に、男の運命ばかりか自身の運命も狂わせてしまう妖しい魅力を持った女の三様の生き様を浮き彫りにしようとしたもの。これらの“運命の女”を演じるのが、ドラマティックな演技には定評のある下村だからこそ構想されたものといえよう。ただ、三作それぞれが単独の舞台作品になりうるだけに、各作品の物語をなぞるようなことはせず、登場人物を絞り込み、物語の核心を凝縮して提示し、休憩なしの90分の作品にまとめ上げた篠原の手腕はさすがである。

tokyo1311d_0105.jpg 佐々木大・下村由理恵・森田健太郎

冒頭、下村が普通の姿で現れた後、女工たちの群舞が始まり、舞台は『カルメン』の世界に切り替わる。野性的なロマの女カルメンと、純情な衛兵伍長ドン・ホセ(佐々木大)、横柄な隊長スニーガ(森田健太郎)の三人を軸にドラマは展開した。真っ赤なドレスの下村は、すり寄るスニーガに思わせ振りな態度を見せながら、一方でホセの気を引こうとする奔放なカルメンを自然体で演じた。カルメンとホセとのパ・ド・ドゥでは、駆け寄る下村を佐々木が抱き留めて掲げるリフトが繰り返され、二人でもつれ合うように床を転げるなど、息を呑むほど激しく官能的だった。また、森田の好演も光った。ピント伸ばした脚に権威をこめ、隊長としての風格を示しながら、カルメンとの仲を知ってホセをいたぶる時は憎しみを露わにし、ホセが猛然と反撃に出るのも当然と思えるほど真に迫っていた。この3人は、篠原が『カルメン』全2幕を2008年に初演した時のメンバーでもある。それだけに、今回の短縮版でも息の合った、濃厚なステージが楽しめた。
『椿姫』のヒロイン、マルグリットは、愛する青年アルマンのために己を犠牲にして身を引く高級娼婦。カルメンやサロメのような“魔性の女”ではないが、別の形で男の人生を狂わせてしまう“運命の女”としてとらえたのだろう。アルマン役の山本隆之は洗練された身のこなしで、下村とのデュエットを優雅に踊った。下村は胸を患っていることを意識してか、サロンの華なのにやや控え目に映った。ただ、アルマンの父ジェルモン(桝竹眞也)のこの作品での役割が十分に描き込まれてないこともあり、マルグリットの哀しみが伝わってこず、悲劇としての訴えかけも弱かった。今一つ、練り上げが必要だろう。
『サロメ』に登場するのは、サロメと預言者ヨカナーンと首切り役人の三人だけ。ヘロデ王の歓心を得ようとする“七つのヴェールの踊り”の代わりに、下村はヨカナーンへの情欲に駆られたサロメになりきり、女の艶めかしさを全身から滲ませて彼にすがるように迫った。対するヨカナーンの笠井瑞丈は、下村の前や後ろに大きく立ちはだかり、腕を振り動かすだけで、彼女を制するオーラを放ち、圧倒的な存在感を示した。笠井の、舞踏やコンテンポラリー・ダンスで鍛えたバレエとは異なる身体の表現力の違いが活きていた。サロメがヨカナーンの処刑を命じた後、今度は自身が首切り役人に引き立てられていく形で終わったが、ここは、自ら狂い死ぬような幕切れのほうがふさわしいように感じた。それにしても、緊迫感の途切れない、密度の濃いパフォーマンスだった。

三作とも装置は簡素だった。舞台奥に階段を設け、背後のパネルの開閉や照明で様々な状況を巧みに表出していた。音楽は、『カルメン』は物語のシーンに合わせてビゼーの曲をうまく繋ぎ、『椿姫』ではヴェルディを用いずにショパンのピアノ協奏曲で愛を奏でさせた。『サロメ』はR・シュトラウスを用いていたが、冒頭の選曲にはやや違和感を覚えた。ともあれ、三人のヒロインを演じ分けた下村の力量を改めて感じさせた公演だった。サロメを演じた後、最後に再び下村由理恵に戻して舞台に登場させた演出は、彼女が篠原の“運命の女”であることの証のように思えた。
(2013年10月13日、メルパルクホール)

tokyo1311d_0152.jpg 下村由理恵・山本隆之 tokyo1311d_0156.jpg 笠井瑞丈・下村由理恵
tokyo1311d_0017.jpg 下村由理恵・笠井瑞丈
撮影:塚田洋一・伊藤清香