ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.10.13]

『オーロラ姫の結婚』『創作・横浜の人魚姫』

横浜開港150周年記念公演
tokyo0910g01.jpg

『オーロラ姫の結婚』
横浜開港150周年記念バレエ公演として、『オーロラ姫の結婚』(監修:牧阿佐美)と『創作・横浜の人魚姫』(作:横井茂)が上演された。
『オーロラの結婚』は、『眠れる森の美女』のオーロラ姫とデジレ王子の結婚式の祝典の場面を中心に構成したもの。カラボスに象徴される悪の世界を外し、妖精と人間の調和がとれた善の世界を描く舞台。音楽はもちろんチャイコフスキーで、セルゲイエフの改訂振付に基づき牧阿佐美が監修にあたった。
オーロラ姫はNBAバレエ団の関口淳子、デジレ王子は牧阿佐美バレエ団の逸見智彦が踊り、リラの精は櫻木友恵(服部百合子バレエダンスグループ)で、主役、ソリスト以外はすべてオーディションで選ばれたダンサーたちが踊った。
オーロラ姫の関口淳子はしっかりとした踊りだった。敢えて課題を探すとすれば、目に見えないところへの気配りや全編を通して余裕を持って踊るためのスタミナと言えるかも知れない。デヴェルティスマンでは「青い鳥」を踊った今勇也(牧阿佐美バレエ団)と八島香奈恵が若さのある踊りだった。
バレエ・ミストレスは新国立劇場のプリマだった志賀三佐枝が務めたが、同一カンパニーの公演と異なり、ダンサーのスケジュールを整えてリハーサルを進行することがたいへんだったそうだが、そんなことはまったく感じさせない舞台だった。

tokyo0910g02.jpg tokyo0910g03.jpg tokyo0910g04.jpg
tokyo0910g07.jpg

『創作・横浜の人形姫』
アンデルセンの童話『人魚姫』の舞台を現代の横浜の町に移した『創作・横浜の人魚姫』。第1場は、モーリス・ラヴェルの『ダフニスとクロエ』の音楽を使って、水底の人魚姫が浜辺に上がり若者と出会うシーンを描いた。
背景に水面の波を表すオブジェを使い、その上り下りにより、水中にいるか水面にいるかを効果的に表し、かつ雰囲気も出していた。
地上に上がった人魚姫が足を得るシーンの動きなどはおもしろい試みだと思ったし、人魚姫の恋がそれらしく描かれていると思った。人魚姫は大滝よう(東京バレエグループ)若者は小林洋壱(東京シティ・バレエ)が踊った。
ただ後半は、スーザのマーチやシュトラウスのワルツなどを使い、横浜の名所の映像とともに踊って行くシーンがいささか平板に続いた。横浜開港150周年を記念する祝祭的舞台が設えられていたが、最初の演目『オーロラ姫の結婚』も同じような雰囲気のバレエだったので、振付はもちろん音楽や衣裳もしっかりしていたのだが、少し退屈な気持ちになってしまった。
作・演出・振付は横井茂、新井雅子と堀内充がともに振付を行った。
(2009年9月20日 横浜 関内ホール 大ホール)

tokyo0910g05.jpg tokyo0910g06.jpg tokyo0910g08.jpg

撮影:スタッフ・テス 根本浩太郎