ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2009.02.10]

NBAバレエ団クリスマス公演は安達哲治版『くるみ割り人形』

 NBAバレエ団は、レフ・イワノフの原典を復元して世界初演したヴァージョンと、イワノフ版を尊重しつつ新たにカンパニーの芸術総監督を務める安達哲治が振付けた『くるみ割り人形』の二つのヴァージョンをレパートリーとしている。
今年は安達哲治版『くるみ割り人形』が上演された。

 子供たちの夢の世界を尊重して、ドロッセルマイヤーが呼び出したピエロ(リー・セイラク)、コロンビーヌ(峰岸千晶)、ハレーキン(キム・イン・ キョン)が、クララとくるみ割り人形(王子)とともに、美しい雪の国から甘い香り漂うお菓子の国へと旅をする。そしてお菓子の国では、様々な珍しい国や キャンディやボンボンなどの楽しい踊りや、金平糖の精と王子の豪華なグラン・パ・ド・ドゥを観る。さらにエピローグでは、クララが眠りに落ちたシュタール バーム家のソファに優しく送り届けられる、という物語になっている。

 クララには米津舞が扮し、いたいけない少女になり切ってこの物語の主人公を見事に踊った。
王子は、NBAバレエ団の若手のホープで、ボリショイ・バレエ学校で学んだ秋元康臣。高い跳躍をみせて主役ダンサーとしての成長ぶりを感じさせた。
金平糖の精を踊った佐藤圭も華やかで安定感のある踊りだった。前日に王子を踊ったウクライナ出身でキエフの国際バレエコンクールでグランプリ、モスクワでは金賞を受賞しているヤロスラフ・サレンコは、雪の王の役だったが、美しいダンスにブラボーの声が飛んでいた。
NBAバレエ団は、ロシアを始め、英国や韓国などの男性ダンサーが数多く在籍しているが、じつによく日本の舞台に馴染んでいる。こうしていろいろな国のダンサーたちが一つの舞台を創るために、一緒に力を合わせている様子はなかなか好感が持てるものである。
(2009年12月21日 なかのZEROホール)