ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.03.10]

日本バレエ協会公演、児玉克洋版『くるみ割り人形』と子供たち

2008都民芸術フェスティバル参加の日本バレエ協会公演の『くるみ割り人形』は、児玉克洋の再改訂振付・演出によるもの。
金平糖の精を西田佑子、金平糖の精の小姓を青木崇が踊る二日目を観た。(初日は島田衣子と法村圭緒)
『くるみ割り人形』は、チャイコフスキーの曲調からみれば子供のためのバレエなのは明らか。おばあさんおじいさん、お父さんお母さん、お姉さんお兄さん世 代、よき友だちに囲まれて、クララは純粋で優しく、愛を信じ、フリッツは男の子のあきれるほどのエネルギーに満ちて、不自由無く幸せに暮らしている。だか らドロッセルマイヤーの魔法に夢中になる子供たちは、活き活きと闊達でなければ『くるみ割り人形』はおもしろくはならない。
児玉版の『くるみ割り人形』は、物語は特別に変えていないが、子供たちが喜びそうな演出や意匠などに様々な工夫を凝らしている。
幕開きで雪だるまが歩き出したり、1幕の人形たちの踊りも凝っていて楽しいし、クララとくるみ割り人形の王子を2頭だてのトナカイのソリが送迎したり、 お菓子の国の王様が大きなピエロだったり、シェフたちが次々とおいしそうなお菓子を運んできたり・・・・といった楽しい演出が至る所でなされていた。
また、2幕のディベルティスマンも衣裳や踊りを見やすく工夫していた。そしてこの2幕は、ドロッセルマイヤーがプレゼントしたクララの夢の世界だから、あまりリアルではなく、全体に儚くこしらえてあった。
西田と青木のグラン・パ・ド・ドゥは、なかなか見応えがあった。西田はテクニックも身体も安定感があって魅力的。青木も素晴らしい身体能力を垣間見せ、のびのびと踊っていた。
バレエ協会のダンサーたちが一堂に会して踊るのだから、種々の課題があるかもしれない。しかし、子供たちがじつにたくさん参加しており、にぎやかで楽しい舞台だった。この企画は、次代のバレエを担う才能へのアピールを心がけたもので、良い試みだと思う。
ただやはり、バレエ学校のような一貫した教育機関で鍛えられた、世代別のダンサーが揃っていれば、さらに優れた公演になったとも思えた。
(2月21日、ゆうぽうとホール)

西田佑子、青木崇西田佑子、青木崇『くるみ割り人形』