ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.09.10]
今年の夏は、様々のガラ・コンサートが開催されて、熱のこもった舞台が繰り広げられ、東京の夏は一段と暑かったです。そして今は、涼秋というのでしょうか、虫の聲も一際、鳴り急いでいるように聞こえています。さあ、秋はまた、新シーズンの幕が開きます。

『エトワール達の花束』アレッサンドラ・フェリ引退記念公演 with ボッレ

アレッサンドラ・フェリは、イタリアの説話を素材とした悲恋のヒロイン、ジュリエットを、時代を越えて彼女の血の中に蘇らせて踊った。踊ることは生きることだから、フェリの踊りとジュリエットの生の軌跡はピッタリと重なり合った。
フェリは、「これから私がジュリエットやマノン、カルメンなどに扮して踊ることで、彼女たちに失礼になることのないように」舞台を下りることを決めた、 と語る。すると、彼女の生の軌跡をともに観てきた観客は、やはり引退を納得しなければならない。そして20世紀のバレエのひとつの軌跡は見事に完結した。

Aプログラムの幕開けは、パロマ・ヘレーラとホセ・カレーニョの『海賊』。名花の引退記念公演にしては、思ったよりも静かにガラ・コンサートは始まっ た。ともにアメリカン・バレエ・シアター(ABT)のスター・ダンサーとして踊り、舞台を担ったきたペアらしい落ち着いた雰囲気の舞台であった。
次は早くも主役のフェリが、ロベルト・ボッレと『ロミオとジュリエット』を踊った。フェリのジュリエットが一世を風靡した、マクミラン&プロコフィエフ の『ロミオとジュリエット』バルコニーのパ・ド・ドゥである。アポロンにも喩えられる逞しいボッレの胸に、ジュリエットのピュアな愛が注がれる。引退を決 意したことによって、心がいっそうクリアになったのか、フェリの踊りはじつに爽やかで愛の純粋な動きに見える。
シルヴィア・アッツォーニとアレクサンドラ・リアブコのハンブルク・バレエ組は、ノイマイヤー&マーラーの『交響曲第3番』。ABTのジュリー・ケント とマルセル・ゴメスの『白鳥の湖』第2幕のパ・ド・ドゥ。シュツットガルト・バレエ団のプリンシパル、アリシア・アマトリアンは、現在はフリーだがかつて シュツットガルトのプリンシパルだったロバート・テューズリーとフォーサイスの『ヘルマン・シュメルマン』。日本でも馴染みのある古典やネオクラシック作 品が続いて上演された。
次に登場したのが、イタリア出身のモニカ・ペレーゴとボッレが踊った『エクセルシオール』。これは19世紀に流行した巨大な仕掛けや本物の動物などを舞 台に登場させる、<スペクタクル・バレエ>を蘇演したものの一部である。文明を象徴するように、レッドクロスを胸に付けたペレーゴとボッレの身体を強調し たシーンだが、軽やかにリズミカルに踊られた。
そして第1部のとりは、フェリがマルセロ・ゴメスと踊るラー・ルボヴィッチ振付の『オセロ』だった。ルボヴィッチの振付ということから、整えられた美し さを予想していたが、じつに豪快な激しい動きのパ・ド・ドゥ。1幕、2幕の抑えてきた情念を思い切って表現するシーンなのだろうか。フェリは、激しい動き の中に刻一刻と迫ってくる恐怖を表し、ゴメスは鬼気迫る迫力を見せた。
『ロミオとジュリエット』
フェリ、ボッレ
『オセロ』
フェリ、ゴメス


第2部はフェリ、ボッレの『ジゼル』第2幕のパ・ド・ドゥから。ロマンティック・バレエを踊るフェリには、数限りない讃辞が寄せられてきた。彼女はウィリを踊っても、透明な生命の息遣いを感じさせるバレリーナだからである。
一転してラテン風のリズムに乗せて、アマトリアンとテューズリーはシュツットガルト・バレエ団のローラン・ダレシオ振付の『太陽が降り注ぐ雪のように』 を踊った。大きく伸縮するシャツを引っ張ったり、中に潜り込んだり、同調したり、離れたりと自由自在にコミカルな動きを構成した作品だった。
ケントとゴメスは、ジェームス・クデルカ振付『シンデレラ』の舞踏会のパ・ド・ドゥ。カナダ国立バレエ団の芸術監督を務め、グランド・バレエを創る才能 に恵まれたクデルカの傑作のひとつである。重厚で豪華な雰囲気の中で、格調高い振付が堂々と踊られる。古典の素晴らしさの中に、現代的なモティーフを展開 する作品である。 ノイマイヤー振付『ハムレット』をアッツオー二とリアブコが踊る。オフィリアとハムレットの別れのパ・ド・ドゥである。ノイマイヤー流の演劇的設定となっ ていて、ハムレットが旅行鞄を抱えて旅立っていく。リズミカルで軽快な曲でコミカルな動きにも感じられるが、運命的な悲哀を漂わせるなかなか味わい深い シーンが描かれている。
バランシン&ガーシュウィンの『フー・ケアーズ?』はヘレーラとカレーニョ。アメリカのバレエを踊るペアは息もぴったり合って見事だった。カレーニョのスローなピルエットがガーシュウィンの曲想を捉え、ヘレーラは動きの細部まで活き活きとしていた。
大とりは、フェリとボッレの『マノン』沼地のパ・ド・ドゥ(マクミラン&マスネ)だった。愛の終末に見せたボッレの深い悔恨とフェリの純粋な愛の形が感動を呼び、幕は下ろされた。
フェリは、ジュリエットでは清らかな少女の愛、ジゼルでは優しく悲運をいとおしむ愛、そしてマノンを演じては混沌の果てに昇華された純粋な愛、と女性のすべての愛の生態を描き踊った。
フェリのいない21世紀のバレエが、どのような花を咲かせ、いかなる実を実らせるのか、未だその兆しが明らかに見えているわけではない。

『シンデレラ』
ケント、ゴメス
『マノン』沼地のパ・ド・ドゥ
フェリ、ボッレ
(東京文化会館)