ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2007.08.10]

井上バレエ団の『眠りの森の美女』

島田衣子、エマニュエル・ティボー
  井上バレエ団の『眠りの森の美女』の舞台は、まず、ピーター・ファーマーのまばゆいばかりの美術・衣裳が目を奪う。
特に、プロローグから第1幕にかけて、妖精たちのうすい玉子色のチュチュと淡いグリーンの王や王妃、家臣たちの衣裳、一際活き活きとしたオーロラ姫のピ ンクのチュチュが、この世のものとも思えぬほど、じつに美しい色彩のアンサンブルを描く。繊細な照明が創る輝かしい黄金色の陽の光りは、オーロラ姫が、 100年の眠りにつくことになるまで、しだいしだいにゆっくりと明度を落としていく。色彩のアンサンブルと光りの変幻だけで、妖精の世界の物語のリアリ ティを見事に現前に造型しているのである。
藤井直子の怪我により、2公演ともオーロラを踊ることになった島田衣子は、爽やかで軽々とした身のこなし、リズム感、一貫してゆるぎないバランス感覚で 描く美しいライン、どれも素晴らしい。ほぼ完璧の舞台であった。敢えて言えば、あまりに軽やかに踊っているので、情感の表出がうすく見えたかもしれない。 今、日本で最も美しいバレエダンサーの一人である。
パリ・オペラ座バレエ団のプルミエダンスール、エマニュエル・ティボーが、ゲスト出演して王子を踊った。グラン・パ・ド・ドゥでは、さすがと思わせるス テップで、王子の真価を見せた。ケレン味のまったくない素直な踊りで好感のもてるプルミエであり、エトワール昇格も間もないのではないか、と思わせた。
赤ずきん、長靴を履いた猫、青い鳥などのデヴェルティスマンも楽しく観ることができたが、それぞれが品よくやや控え目な印象。もっと大きくアピールするようにノリノリで踊ってもいいのではないか、とも思った。
島田衣子、エマニュエル・ティボーエマニュエル・ティボー
(7月21日、ゆうぽうと簡易保険ホール)