ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2006.09.10]

服部有吉と首藤康之のパートナーシップ・プロジェクト「hs06」

 国民栄誉賞受賞者、故服部良一の孫で、ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエ団のソリスト、振付家の服部有吉 と、ベジャールやキリアン、ノイマイヤー、マシュー・ボーンなど巨匠振付家作品を踊ってきた国際的ダンサー、首藤康之がパートナーシップ・プロダクション を開始した。
第1回目の「hs06」では、服部有吉の振付・演出による『Homo Science』と『ゴーシュ』が大阪と東京で上演された。

『Homo Science』には首藤康之と服部有吉、およびハンブルク・バレエ団4名の計6名のダンサーが出演。ロボットの実験が繰り返されている部屋の中で起ったロボット同士の軋轢を通して、人間の生命が営む社会のコアをみつめようとした舞台だった。
日々、同じクラスや作品を踊っているハンブルク・バレエ団の5名のダンサーと、今回が始めて加わった首藤では、やはり動きのニュアンスが少し異なる。その点をうまく利用した作品である。
天井のリフトから次々とロボットが実験室に送りこまれてきて、ダンスが始まる。ロボットたちが絡み合い、やがて首藤ロボットが暴走し始め、他のロボットを倒していくが結局自分も倒れ、また新たな実験が始まる、といった展開だった。
何故、首藤ロボットは暴走したのか。質の異なった動きが違和感を生んだのか、単なる製品の不具合いだったのか。私には、他と違った自分に生じたコンプレックスに火がついたように見えた。
服部の振付は、フリースタイルだそうだが、なかなかダンスのヴォキャブラリーが豊富で、淀みなく一気に見せた。首藤は同じ振付の中で、一人独特の感覚を漂わせ、さすがの存在感を示した。

『Homo Science』※画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

『ゴーシュ』は、宮沢賢治の『セロ弾きゴーシュ』を原作にして、設定を交響楽団からダンスのグループに変えた舞台。クラシック・バレエを他の仲間とうまく 踊れないゴーシュが自宅で練習を始めたら、猫や鳥、ねずみやたぬきなどの動物たちが次々と訪れ、ユーモラスな物語が繰り広げられる、というもの。
動物キャラクターの楽しいダンス、生まれ変わったゴーシュが踊る見事なダンスとそれぞれ変化があっておもしろい。音楽はシェスタコーヴィッチからサン= サーンスやジャズなどが使われている。服部のクラシック・バレエをベースとした振付も美しく、たいへん魅力的だった。服部自身がゴーシュを踊り、ハンブル ク・バレエ団のダンサーたちと共演した。
服部は今シーズン限りでハンブルク・バレエ団を退団し、カナダのアルバータに移籍するそうだが、次回のパートナーシップ・プロジェクトに期待したい。
(8月3日、Bunkamura シアターコクーン)


『ゴーシュ』※画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。