ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2006.09.10]

岡本佳津子によるバレエ小劇場

 坂本登喜彦、堀登、篠原聖一という「振付家として今後を担っていくであろう三人」を招いて、岡本佳津子によるバレエ小劇場が開催された。

まずはご本人、岡本佳津子の振付による「オープニング」。モーツァルトの有名な曲を使い、明るく明快なきびきびしたステップ、まるで彼女の性格が反映したような気持ちのいいダンスである。背景幕の開き方を意識した女性ダンサーのフォーメーションもなかなか素敵だった。

続いて、坂本登喜彦の振付による『Give』。白い手袋と衣裳にも手のマークが付いている女性ダンサーと男性ダンサーが登場。好むと好まざるに拘らず、 人は人とぶつかり、接触し、押し合う、そういう他人の刻印を印した人々と、島田衣子扮する未だ手のマークがついていない人とのやりとり、そんな感じのダン スだった。島田衣子の動きが素晴らしい。柔軟でどんな動きになってもクラシックの形の端正さが崩れない。優れた運動神経で軽々と魅力的に踊っている。 フォーサイス作品を踊ったギエムを彷佛とさせた。

「バレエ・コンサート」では、鈴木直美と小林洋壱が『エスメラルダ』のパ・ド・ドゥ、宮嵜万央里と長瀬伸也は堀登振付の『ある日突然!』、堀口純と市川透は『ドン・キホーテ』のグラン・パ・ド・ドゥを踊った。堀のシンプルでユーモラスな振付が印象に残った。
最後は篠原聖一振付の『LOVE is DANCE』。ガーシュインの曲を使った全11景を、ピンクと黄金色と濃紺のチュチュを着けたダンサーたちが次々登場して踊った。振付はすっきりとして嫌みのない洗練されたものだった。

クラシックとコンテンポラリー・ダンスの創作が2本、パ・ド・ドゥ集、そして岡本の「オープニング」とたいへんバランスのとれた構成の公演だった。
(8月28日、世田ヶ谷パブリック・シアター)


※画像をクリックすると拡大写真がご覧になれます。