ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2005.11.10]

●松山バレエ団の "ムーセイオン" オープニングセレモニー

 松山バレエ団は今年で創立57周年を迎えるのだが、現在の白亜の建物を建ててから、既に5年の時を経たという。

 現在の建物を建てるにあたっても、いろいろとこだわりがあったようだ。1階、2階のスタジオ内は、白一色。前後左右4面すべてが鏡ばりでしかも高い。 リフトした姿を見ることができる。この2階のスタジオに恐らく建設当初から構想されていたのであろうが、ムーセイオン劇場という小さな劇場がオープンし、オープニングセレモニーが開催された。

ギリシャ神話の芸術の神、ムーサの女神たちが集う場所、という意が込められているそうである。小さいとはいえ、スタジオに劇場を持つということは、今後、大いにカンパニーの発展に役立つであろう。

オープニングセレモニーでは、べ―トーヴェン、バルトーク、グラズノフ、バッハなどの曲にのせて、松山バレエ団のダンサーたちが踊った。 プロセニアムの劇場とは異なって、ダンサーの踊る姿がごく真近に見える。時折、こうしてダンサーたちの踊りを近くからみることは、あるいは観客にとっても必要なこととなのかも知れない。
(10月25日、松山バレエ団)