ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 最新の記事

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2004.12.10]

●ついに開幕した熊川哲也の『ドン・キホーテ』

はやくも今年最後の Dance Cube、第24号となりました。月刊更新ですから、ちょうど2年間続けたことになります。ご愛読ありがとうございます。今後もますます気を引き締めて編 集していこう、と思っておりますが、気づかない点も多々あるかもしれません。どうぞ、率直なご感想をお寄せください。



『ドン・キホーテ』は他のクラシック・バレエの名作と比べて、溌剌とした男性ダンサーが輝いてこそ魅力を発揮する舞台である。
熊川哲也は東京で特別開催されたローザンヌ国際バレエ・コンクールでグランプリを受賞し、ロイヤル・バレエでプリンシパル・ダンサーに昇格したが、その メモリアルな時に踊ったのも『ドン・キホーテ』。その後、クラシック・バレエの名作の改訂振付を次々に手掛けてきた熊川は、『ドン・キホーテ』の新制作に は、心中、期するものがあったと思われる。いつもの演出・再振付に加えて、舞台美術と衣裳も自身の手で創っていることからもそれは推測できる。

  装置は、プロローグ、町の広場、ジプシーの野営地、ドン・キホーテの夢、酒場の場面が作られた。質的な実在感のあるオーソドックスなセットで、極端にデ フォルメされたデザインはない。まず、プロローグの建物がスペインを感じさせる。町の広場の背景に配された水道橋は、人々の交流のランドマークのようだ し、月明りの下に置かれたジプシーたちの幌馬車や、遠近、重なり合って建つ風車も絵の具を何重にも塗り込んだ絵画を想わせる美しい情景であった。衣裳は、 マタドールの思い切った色つかい、お色直しもあったガマーシュの衣裳の軟派な派手さ、花売り娘の可憐さなどが華麗に花を添えた。

第1幕は快調な速いテンポで物語がすすみ、一気に踊りに溢れたシーンが展開する。康村和恵、長田佳世の花売り娘がのびのびと踊って作品に奥行を与える。 幕切れで、キトリとバジルが荷物を持って駆け落ちする様が観客に分かるように描かれている。そのため、虫の音から始まる第2幕の冒頭、若い二人が愛し合っ ている佇まいがうまく出ていた。細かい演出工夫が意外に大きな効果をあげた。弾けるような男性のジプシー・ダンスがこの幕を一段と盛り上げる。

  にわかに妖しい風が吹き風車が回りだすと、プロローグにあったドン・キホーテの妄想癖も動き始める。バジルが必死に止めるのも聞かず見事風車に突っ込んで 気を失ったドン・キホーテは、幻想の中に、理想のレディ、ドルシネアとキトリが登場して、ますますコンフュージョンした。これは女性への強い憧憬をもつ男 性が一度は陥る混乱なのかもしれない。
第3幕の酒場のシーンでは、スチュアート・キャシディのエスパーダ率いる闘牛士たちと、荒井祐子のキトリ、熊川バジルの競い合うような踊り。とりわけ熊 川のソロは圧巻。目に止まらぬスピードだった。このスピード感溢れる大回転があってこそ、作品全体のテンポの速さがいっそうの効果をあげる舞台となるので ある。

  さらにこの『ドン・キホーテ』では、ガマーシュ、ロレンツォ、ドン・キホーテ、サンチョ・パンサのキャラクター脇役陣が見事に機能していたことが印象的 だった。ガマーシュの完成度の高い演技が光ったのはもとより、サンチョ・パンサのなかなかリズム感のある動きが舞台を盛り上げた。この作品は、ややもすれ ばサイドストーリーと本題がアッチコッチしがちだが、熊川演出は整理が行き届いていて、主人公の若い二人の恋を、4人の脇役がしっかりともり立てていた。
康村のキトリとキャシディのバジルも観せてもらった。キャシディの安定した踊りと演技、康村の軽さと柔らかさが際立ち、リフトも高く見栄えのする舞台 だった。もう一組は、長田佳世のキトリと芳賀望のバジルで、ここでは熊川がエスパーダを踊るという貴重な舞台。長田はもともと実力のあるバレリーナで表現 力もある。芳賀もスタイルがよく勢いのある踊りだった。ただ、初めてパートナーを組んだのだろうか。もう少し踊り込んで全幕物を踊りきるパートナー・シッ プを完成させる必要があるようにも見えた。



(11月17日、19日、20日、オーチャ-ドホール)