ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

渡辺真弓 text by Mayumi Watanabe 
[2004.09.10]

●オペラ座エトワールたちに相次ぎ二世誕生

  この夏、クレールマリ・オスタ、エリザベート・モラン、マリ=クロード・ピエトラガラに、そろって女の子が誕生した。かつては、エトワールが子供を生むこ とがタブー視されていた時代もあったが、最近では、ママ・エトワールも珍しくなくなった。たとえば、親子ニ代にわたるオペラ座バレリーナとして、日本でも よく知られているのは、名花ノエラ・ポントワと愛娘ミテキ・クドー。10年ほど前に、オペラ座での母娘共演を果たし、大きな話題になったが、ミテキも、3 年前ママになり、同じくバレエ団のスジェであるジル・イゾアールとの間に、ジャドちゃんという女の子がいる。ジャドちゃんが将来、バレエを志すようになれ ば、三代にわたるバレエ一家が誕生することになろう。

 さる5月20日に、マチュー・ガニオ(両親は紹介するまでもなくドミニク・カルフーニとドゥニ・ガニオ)がエトワールに任命されて以来、これからも、親 子ニ代にわたるエトワール誕生という奇跡が起こるかもしれないと、オペラ座ファンたちは、胸をときめかしている。実際、その可能性はなくはないのである。 エトワールのローラン・イレールの長女ジュリエットちゃんがオペラ座バレエ学校に在籍していることは、紹介したが、このほど次女のヴァランチーヌちゃんも バレエ学校に入学したそうで、すでに両親(コリーヌ夫人もオペラ座のバレリーナだった)と同じ道を歩み出している。さらに、バレエ学校には、マチュー君の 妹のマリーヌちゃんも在学中で、バレエ学校の公演が面白くなりそうだ。

 かつてオペラ座で活躍したスターたちに目を転じると、フロランス・クレールとシャルル・ジュド、フランソワーズ・ルグレ、モニク・ルディエールとエル ヴェ・ディルマン、ファニー・ガイダとファブリース・ブルジョワ、イザベル・ゲラン、カロル・アルボ、クロチルド・ヴァイエらにも、それぞれ子供がいる。

 現役では、デルフィーヌ・ムッサンとリオネル・ドラノエ夫妻の愛息ポール君が、時々オペラ座に姿を見せ、すでにアイドルとなっている。子供達が皆ダン サーの道を目指すとは限らないが、この中から、いつか、二世あるいは三世のダンサーが誕生するかもしれないと思うと、未来への夢が大きく膨らんでくる。

 また、姉妹バレリーナには、オレリー・デュポンとバンジャミーヌ・デュポン(マルセイユ・バレエ団)、レティシア・ピュジョルとガエラ・ピュジョル(ベ ルリン・バレエ団)等の例があるが、オペラ座のコール・ド・バレエの中にも、姉弟ダンサーが何組かいて、これからもバレエ・ファミリーは、注目を浴びる存 在となることだろう。