ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Paris <パリ>: 最新の記事

From Paris <パリ>: 月別アーカイブ

三光 洋 Text by Hiroshi Sanko 
[2013.05.10]

カルポーネ、エイマン、シアラヴォラなどが素晴らしい動きを見せた『マーラー第3交響曲』

Ballet de l’Opéra national de Paris パリ・オペラ座バレエ団  
John Neumeier, « Troisième Symphonie de Gustav Mahler »
ジョン・ノイマイヤー振付『マーラー第3交響曲』

『マーラー第3交響曲』は、ジョン・ノイマイヤーが傾倒する作曲家マーラーの「交響曲第3番ニ短調」全曲に振付けた大作である。ハンブルク・バレエ団により1975年に初演され、パリ国立オペラ座バレエ団のレパートリーには2009年3月に入っている。
http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-paris/paris0904b.html
今回は前回のニコラ・ル・リッシュとエルヴェ・モロー(オペラ座の公式サイトには直前までモローの名前が出ていたのだが)に代わって主役の「一人の人間(男)」をカール・パケットが踊った。(第2・第3キャストではマチュー・ガニオとフロリアン・マニュネ)

pari1305a_03.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe

ノイマイヤーは装置を一切置かず、衣装も白や赤のタイツと簡素だ。そのためにダンサーの身体、所作、視線、グループが作る輪郭だけが裸の舞台で音楽と対峙することになる。振付家自身がデザインした照明も場面に応じて、第1部の薄い青、第2部は舞台奥が逆光(後方にいるダンサーは影絵になる)、最後の第6部では奥が紫で袖は緑と微妙な変化に富み、ダンサーの身体を包んでいる。
全体を通じて群舞とソロ(ソロ、デュオ、トリオ)とがバランス良く配置され、かつ音楽の流れに合わせてていねいに構築されているのに改めて気づいた。
ソリストでは、まずマーラーの音楽の起伏にぴったりと寄り添った腕の大きなスケールのある動きで、周囲から抜きん出ていたアレッシオ・カルボーネが目に付いた。
3月のヌレエフ・ガラで久しぶりに舞台復帰を果たしたばかりのマチアス・エイマンも、腹ばいになって上方を見やる強い視線、全身からほとばしるエネルギーで存在感を示した。

女性では何といっても天使を演じたイザベル・シアラヴォラが他を圧した。後半の第5部で赤いタイツが現れた途端、それまでの闇が一転して舞台全体に救済の光と喜びがばっと広がった。誰もがはっとさせられたさっと前に差し伸べられた脚、この世のものとは思えないようなあどけない微笑、滑らかで重みがなくなったような身体の動きは天使そのものだった。
第6部のフィナーレで舞台右袖からゆっくりと「一人の人間」の前を通り過ぎ、左手に姿で消すまでも夢幻の時間だった。
第4部「夜」ではエレオノーラ・アバニャートがステファン・ビュリオンとカール・パケットという組み合わせだったが、2009年のエルヴェ・モローとカール・パケットの時に感じた、対照的な動きが寄り合わされたトリオの妙には一歩およばなかった。
この作品では音楽が極めて重要な役割を果たしているだけに、オーケストラ演奏に物足りなさを感じたのは筆者一人ではなかったろう。本公演はパリ・オペラ座管弦楽団というフランス最高のオーケストラが演奏しているだけに、指揮者にもう一歩マーラーへの理解があったら、ダンサーと音楽の一体感が別のものになっていただろう。<

pari1305a_06.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe

多少の問題点はあっていたにせよ、マーラーの音楽から受けた印象をダンサーの身体の「静と動」に集約させ、音とフォルムとの絶妙のハーモニーを生み出したノイマイヤーならではの独自の世界にあらためて圧倒された。
(2013年4月18日 バスチーユ・オペラ)

『マーラー第3交響曲』
振付・装置・照明/ジョン・ノイマイヤー(1975年)
音楽/グスタフ・マーラー
サイモン・ヘーヴェット指揮 パリ・オペラ座管弦楽団
メゾ・ソプラノ独唱/アリーヌ・マーティン
合唱指揮/アレッサンドロ・ディ・ステファノ
<配役>
I「昨日」
カール・パケット、ステファン・ビュリオン、マチアス・エイマン 
アレッシオ・カルボーネ、クリストフ・デュケンヌ、フロリアン・マニュネ
II「夏」
ノルヴェン・ダニエル、クリストフ・デュケンヌ
メラニー・ユレル、アレッシオ・カルボーネ
III 「秋」
ローラ・エケ、フロリアン・マニュネ
IV 「夜」
エレオノーラ・アバニャート、ステファン・ビュリオン、カール・パケット
V 「天使」
イザベラ・シアラヴォラ
VI 「愛が私に語ること」
イザベラ・シアラヴォラ、カール・パケット
ダンサー全員

pari1305a_01.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe pari1305a_02.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe
pari1305a_04.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe pari1305a_05.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe
pari1305a_07.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe pari1305a_08.jpg (C)Opéra national de Paris/ Laurent Philippe