ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.09.10]
From Osaka -大阪-

それぞれの持ち味が出た、石原完二、矢上恵子、篠原聖一振付作品

佐々木美智子バレエ団
振付:石原完二『オクターブ─駆け抜けてゆく夏─』、矢上恵子『Dorso』、篠原聖一『シェヘラザード』

今年の佐々木美智子バレエ団の公演は、3人の振付家によるトリプルビル。石原完二振付の『オクターブ─駆け抜けてゆく夏─』、矢上恵子振付の『Dorso』、篠原聖一振付の『シェヘラザード』と、それぞれタイプの違う作品が並んだ。
まず上演されたのは、石原完二振付の『オクターブ─駆け抜けてゆく夏─』。比較的若いダンサーも数多く出演したこの作品、若者たちの楽しげな群舞から、ひとつの物語がスローズアップされていく。スラッとした美しい手脚を持つ少女(佐々木夢奈)と、爽やかな青年(末原雅広)の初々しい恋。子供っぽさを残し、とまどいつつ手を取り合い嬉しそうに踊る清潔感のあるパ・ド・ドゥ。そして、その2人の様子に気づく父(佐々木大)の複雑な心情。「幼い子どもだと思っていた娘がいつのまにか恋をするようになっていた」──そんなどこの家庭でも起こりそうなことを繊細にダンスとして描き出した。ちなみにご存じの方も多いだろうが、佐々木夢奈と佐々木大は実際に娘と父親。そのものの役をしていることになるわけだが、2人はダンサーとしてそのストーリーの中に入り、繊細な感情を表現していた。佐々木大や末原が良い踊りを観せたのはもちろんだが、佐々木夢奈も恵まれたスタイルの上に素直な感情表現ができるダンサーであることが分かり、これからが益々楽しみになった。
2つ目の演目は、矢上恵子振付の『Dorso』。イタリア語やスペイン語、ポルトガル語で「背中」という意味の「dorso」。大人のダンサーたちの中に、一人の少年ダンサー、佐々木嶺が入って踊る。彼一人だけが真っ白の衣装。女性たちとともに、福岡雄大や福田圭吾、福田紘也といった男性もいる。そんな踊れるダンサーたちのなかに入り、大人たちの“背中”に憧れるように、また大人たちのいろいろな姿から小さな身体と心で多くのことを感じるように踊る。その素直でピュアな踊りがとても良かった。彼は、佐々木大の息子、これから様々なプレッシャーがあるかもしれないが、その透明感のある雰囲気を大切にノビノビと成長していって欲しいと心から思う。

osaka1209d_0939.jpg 撮影:文元克香(テス大阪)

ラストは篠原聖一振付の『シェヘラザード』。ゾベイダは下村由理恵、金の奴隷を佐々木大。幕前で分厚い本、おそらく「千夜一夜物語」を開くアラビア衣装の男性というプロローグから始まり、幕が開くと女たちの艶めかしいアラビアンダンスが物語に引き込む。まず、宦官役の末原雅広がスキンヘッド姿で、動きも演技も良く、いい味を出していた。そして、下村のゾベイダは、女たちの中で一人高貴な存在と思わせる品を備え、内面から溢れ出るような魅力、佐々木大の金の奴隷は空気を支配するような力強い迫力で圧倒的な存在感を見せた。ラスト近く、金の奴隷が倒れる時、よろよろとゾベイダに捕まりながら倒れる。その姿を見て、金の奴隷は身分を越えて純粋にゾベイダを愛していたのだということが、客席の私たちに伝わった。シンプルな物語であるがゆえに余計に、良いダンサーが踊ると、ストレートに心に響くものなのだということを実感した。
(2012年8月16日 八尾プリズムホール)

osaka1209d_0397.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1209d_2230.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1209d_2123.jpg 撮影:文元克香(テス大阪)
osaka1209d_0515.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1209d_2771.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1209d_0934.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1209d_1038.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1209d_1088.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)