ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.02.10]
From Osaka -大阪-

田中ルリの輝くような金平糖の精、バレエスタジオミューズ『くるみ割り人形』

演出・振付:原田高博『くるみ割り人形』
バレエスタジオミューズ、ソウダバレエスクール
osaka1202b002.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博

プロローグ、幕前で子供たちが雪合戦をしている。そこを通りがかり、悪ガキたちをしかって女の子たちを助ける青年が王子を踊る岡田兼宜。そして、その彼の恋人が金平糖の精を踊る田中ルリ。現実が2幕のクララの夢のなかのお菓子の国の世界と繋がっているような描き方だ。
クララは全幕通して子役の福本綺里で、金平糖の精は、お菓子の国のお姫様として彼女を迎える形。他にもフリッツの十川大希はじめ、たくさんの子供達が出演した。福本のクララはおしゃまな魅力で、しっかりとバレエの基礎を学んでいることが分かる踊り。2幕のはじめの“王子の身に何が起こったか”をお菓子の国の人たちに説明するマイムは、この小さなクララが行うのだが、その姿がとても子供らしくて可愛らしかった。
雪の女王役は日比マリア、美しいラインが良い。

osaka1202b012.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博

2幕のディベルティスマンも、それぞれ楽しめた。特に印象に残ったのは中国と芦笛。中国を踊った末原雅広は、ピルエットから膝を曲げて空中で回転など、とても高度な技を鮮やかに見せ、空中で開いた脚のラインの美しさが目に焼きついた。芦笛(貝ヶ石奈美、毛利実沙子、本田千晃、小坂こよみ、吉村茜)も美しいスタイルで踊るダンサーが多く、良いダンサーが次々と育っていることを感じさせた。
そしてクライマックスの金平糖の精と王子のグラン・パ・ド・ドゥ。田中ルリは登場するだけで、舞台を輝くような空間に変える。大人の上品なきらびやかさと柔らかさを持った丁寧な踊りで、クララが憧れる“淑女”であることを実感させた。足の甲も美しく、コーダで見せた斜めに進むダブルのフェッテも鮮やか。高度なテクニックも叙情性も両方をあわせ持つ素晴らしいダンサーであることをあらためて感じた。王子の岡田も、他の舞台で観るよりも一段とノーブルに見え、優しい笑顔も『くるみ』の王子役によく合っていた。
(2011年12月22日 尼崎アルカイックホール)

osaka1202b003.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博 osaka1202b005.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博
osaka1202b007.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博 osaka1202b008.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博
osaka1202b009.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博 osaka1202b014.jpg 撮影:イングルウッド 近藤幸博