ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2011.12.12]
From Nagoya -名古屋-

アンサンブルが際立った深川秀夫の『白鳥の湖』

振付:深川秀夫『白鳥の湖』
テアトル・ド・バレエ カンパニー

テアトル・ド・バレエ カンパニーの本公演は、同カンパニーの芸術監督・深川秀夫振付の代表作『白鳥の湖』。
多くの振付家によって様々な演出・振付が試みられてきているこの作品だが、深川版では作品全体を通して、要所要所で白鳥と黒鳥が登場し、その2項対立のうちに物語が進んでいくところに大きな特徴がある。さらに通常4幕構成の作品を2幕仕立てにすることで、一気にストーリーを展開し、躍動感のある舞台にしている。

nagoya1112b01.jpg 撮影/岡村昌夫

プロローグ、右手の高台には黒鳥のオディール(南部真希)とロットバルト(梶田眞)の姿、舞台前では白鳥のオデット(山崎有紗)が翻弄される場面が描き出される。冒頭から象徴的な善悪の対比は、作品全体のあちこちにちりばめられ、幻想と現実の交錯した舞台が演出されるのに効果的だ。
山崎の演じるオデットは正統派の清楚な白鳥といった風情だが、バネに富んだ美しい肉体のうちに秘められた真の強さを感じさせる。南部は、彼女特有の俊敏さと伸びやかな肢体を生かした踊りで、魅惑的なオディールを演じている。毎回、深川の配役の妙にうならされてきたが、今回もそれぞれのキャラクターに応じた配役は、演じるダンサーの魅力をさらに引き出すのに成功している。そして今回初めてゲスト出演となったのは、越智インターナショナルバレエのプリンシパルのワディム・ソロマハ。ワディム自身の優れた演劇性と品格に満ちた踊りは言うまでもないが、オディールともオデット、いずれとのパートナーシップも抜群で、彼の登場は作品全体に落ち着きをもたらしている。
第3幕では、オーディションで選ばれた選抜ダンサーたちが深川ワールドを体現。なかでもロシアの踊りでは、強靱かつ華麗なテクニックをもつ青木里英子が一際目を引いた。6名のアンサンブルがリズムを、青木がメロディを刻みながら、オーケストラの音楽とダンスが一体感をもたらす。オーケストラ演奏ならではの高揚感を感じた場面だ。

nagoya1112b08.jpg 撮影/岡村昌夫

そしてなんといっても圧巻は、第4幕の湖のほとりでの白鳥と黒鳥の対立。楚々として清純そのものだったオデットが、ジークフリードへの愛を武器に徐々に力を得ていく。一方で白鳥の群れに付きまとい邪魔をしようとするオディールとロットバルトが次第に力尽きてしまう。このシンプルな対立構造を白鳥たちのフォーメーションの中で彷徨う黒鳥という構図で畳み込むように見せていく手法は、深川お得意の動きの連鎖が十分にいかされている。止まることなく流れるように続いていくアンサンブルの動きが、黒鳥たちを呑み込んでいくラストシーンは、深川自身が最も力を入れていると話していたように、見慣れた『白鳥の湖』という作品を強靭で、よりインパクトのある作品にすることに成功していた。
(2011年11月19日 愛知県芸術劇場大ホール)

nagoya1112b02.jpg 撮影/岡村昌夫 nagoya1112b03.jpg 撮影/岡村昌夫
nagoya1112b04.jpg 撮影/岡村昌夫 nagoya1112b05.jpg 撮影/岡村昌夫
nagoya1112b06.jpg 撮影/岡村昌夫 nagoya1112b07.jpg 撮影/岡村昌夫
nagoya1112b09.jpg 撮影/岡村昌夫 nagoya1112b10.jpg 撮影/岡村昌夫