ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2009.12.10]
From Nagoya -名古屋-

機智に富んだ楽しい振付 深川秀夫版『くるみ割り人形』

深川秀夫版『くるみ割り人形』
ナゴヤ・テアトル・ド・バレエ
nagoya0912a01.jpg

個人のバレエ団という枠を超え、日本における新しいバレエ団のあり方を提案する塚本洋子バレエ団あらため、ナゴヤ・テアトル・ド・バレエ。バレエ団改変以降初の本公演の演目はバレエ団芸術監督に就任した深川秀夫振付による『くるみ割り人形』だ。
年末恒例の風物詩となっている『くるみ割り人形』だが、意外なことに深川が本格的に取り組んだのは今回が初めて。他の古典の深川版作品のように原作に沿いながらも、機知に富んだ楽しい振付で劇場を幸福感で満たした。

大きな門柱が2本、舞台の中央にそびえ立っている。そこに現われた2人の貧しい少年は、クララの家で行われるクリスマスパーティに忍び込む。魔術師のドロッセルマイヤー(大寺資二)から人形役を仰せつかった少年たちは、くるみ割り人形(アンドレイ・クードリャ)とゾルダート(窪田弘樹)に扮してクララの家で大活躍。ベテランならではの演技で、深川作品に不可欠なダンサーとしての存在感を印象づける。
もちろん深川の女性アンサンブルによるダイナミックかつ流麗な振付は健在だ。オーディションで選ばれたダンサーは集散を繰り返し、難しいステップもさりげなくこなす。パーティは華やかさが万華鏡のよう。そこには、バレエ団の枠を超えて、切磋琢磨していこうとする彼女たちの意欲も垣間見えてくる。
 

nagoya0912a02.jpg

クララの成長を描くことがテーマのひとつでもある『くるみ割り人形』だが、深川版では、少女だけではなく、少年の成長にもクローズアップされている。少女役のクララ直塚美穂は13歳、今まさに少女から大人へと変貌を遂げようとしているクララと等身大の年頃。彼女の高いテクニックと消え入ってしまいそうな透明感は、登場から物語の最後まで観客を強く惹きつける。なぜなら深川版では、クララが少女から金平糖の精に代わるだけではなく、終始、クララとくるみ割り人形、王子とドロッセルマイヤーが同時に存在して、物語が進行するのだ。内気な少年の心の葛藤、ねずみとの闘いでの勝利から、自信をつけていく場面など、おもちゃ箱をひっくり返した夢物語の出来事としてだけではなく、少年のリアルな成長の証が、観客にもはっきりと刻まれるように構成されている。  
第1部最後のクララとくるみ割り人形のパ・ド・ドゥでは、金平糖も挟んだパ・ド・トロワとなり、3名の微妙な関係性が浮かび上がる。
そして第2部、通常の構成で現われる雪のワルツ場面はラストに移行して、このシーンではパ・ド・カトルが披露される。山崎有紗の演じる金平糖は、清楚で儚げ、そして高い技術もさりげなく踊りこなす。深川が付け加えたこの幻想的な4名のパ・ド・カトルはこの作品の中で象徴的で、極めて強い印象を残す名場面となっている。
 

nagoya0912a03.jpg

第3部のお菓子の国では、ダンサーを生かした多様でリズミカルな振付が心地良い。昨年の『ドン・キ・ホーテ』でキトリを演じた青木里英子は、ワルツのソロで高い技術力と強い表現力をアピール。また南部真希のアラビアの踊りは、スリムな肢体を自由に操り、ばねのあるしなりを利かせた踊りで、客席を魅了。フランスの踊りでは、ジュニアクラスの子どもたちを生かしたコミカルな振付が楽しい。
筋立てを大きく変えることなく、原作に潜む本質にアプローチし、それを効果的に構成・演出に生かしていく精緻な振付、そして、深川の難しい振付を踊りこなす優れたダンサーたち。配役の妙と、それを超える表現力で大活躍だった主役たち。いくつもの要素が見事なバランスで溶け合った『くるみ割り人形』は、いつまでも童のような心を失わない深川秀夫らしいファンタジーであった。
(2009年11月13日 愛知県芸術劇場大ホール) 

  • ナゴヤ・テアトル・ド・バレエ2009「くるみ割り人形」
  • 演出・振付:深川秀夫
  • 出演:金平糖の精/山崎有紗、クララ/直塚美穂
  • くるみ割り人形/アンドレイ・クードリ、ドロッセルマイヤー/大寺資二
nagoya0912a04.jpg nagoya0912a05.jpg

撮影:岡村昌夫(テス大阪)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。