ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

唐津 絵理 text by Eri Karatsu 
[2009.04.10]
From Nagoya -名古屋-

最終日は吉田都、佐々木陽平がコンクール上位入選者の若手バレリーナと『パキータ』を競演

グラン・ドリーム・バレエ・フェス
スペシャル・ガラ・コンサート

 1993年から2005年にかけて開催された世界バレエ&モダンダンスコンクールは、数々の国際的なダンサーを輩出してきた日本を代表するバレエ・コンクールであり、特にバレエとモダンダンスの2つの部門をおいていたことも含めて、その開催意義はとても大きかったように思う。経済的状況などから開催の見直しとなったこのコンクールだが、世界に向けて発信してきた国際型から少し方向転換した形で、地元愛知のバレエ界を結集させ、地域のバレエ界の育成と国際交流を目的として開催された。

 最終日を飾ったスペシャル・ガラ・コンサートを紹介する。
第1部
創作バレエ『コンチェルト』振付:望月則彦

創作バレエ『コンチェルト』は、国内の主なコンクールに入賞した20名の若手ダンサーたちが競演したこの公演の幕開けに相応しいフレッシュなバレエ。ラフマニノフのピアノコンチェルト第3番の音楽に乗って、舞台を駆け抜ける若きダンサーたちの軽やかさと初々しさが舞台いっぱいに広がっていく。振付は、第1日目のスプリング・バレエ・フェスティバルでも創作バレエ『四面カルメン』を振付した望月則彦。バレエのパ(動き)を組み合わせたアブストラクトな振付は、ダンス・クラシックに沿ったレッスンを基本としている愛知のダンサーにはとても馴染みやすいのだろう。
若手とはいえ、すでに数々のコンクールの受賞経験者による群舞は見ごたえがある。中でも松岡伶子バレエ団の佐々部佳代と佐々智恵子バレエ団の宮原あゆみのしなやかな舞い、そして2人の王子のように加わる窪田弘樹とのパ・ド・トロワが流麗かつ軽やかで印象に残った。

nagoya0904b01.jpg nagoya0904b02.jpg

『アダン』グラン・パ・ド・ドウ
神澤千景バレエスタジオの岡松野花と長谷川元志による『アダン』のグラン・パ・ド・ドウは、古典バレエのお手本のようなパ・ド・ドゥだった。それもそのはず、松岡伶子バレエ団出身の神澤千景は第1回世界バレエ・モダンダンスコンクールで銅賞を受賞しているほか、数々なコンクールの賞歴も豊富で、さらにその経験を生かした指導で、多くの生徒たちもまた様々なコンクールにて短期間で驚くべき成果を挙げているのだ。岡松野花と長谷川元志もこの神澤の熱い指導を受けたダンサーたち。
隙のないテクニックや見せ場を心得たポーズなど、若手ながら全身に神経が行き届いている。今後テクニックを越えて、そこに自分なりの表現や解釈を加えていくことができたら、さらに素晴らしいダンサーに育っていくことだろう。

nagoya0904b04.jpg nagoya0904b03.jpg

『カルメン』
ヤンヤン・タンは、日本では愛知においてこそ最も認知度が高いダンサーかもしれない。中国出身の彼女の日本デビューは鮮烈だった。第1回世界バレエ・モダンダンスコンクールのジュニア部門で金賞とニジンスキー賞をダブル受賞したときの彼女はまだ幼く、折れそうなくらい細くて、心もとなかった。にも変わらず、『エスメラルダ』のヴァリエーションで脚でタンバリンを打ち鳴らしながら力強く舞う凛々しき姿に、すでに大輪の面影を宿していたと記憶している。そのときの光景は、今なお多くの愛知のバレエファンの目に焼きついていることだろう。その後、日本のコンクールで、『エスメラルダ』のヴァリエーションが大流行したのも懐かしい。現在はサンフランシスコ・バレエ団のプリンシパルに上り詰めている。
今回の作品『カルメン』は、ヤンヤン・タンの女性としての魅力を十分に引き出した。6脚の椅子が舞台中央に半円形に並べられたスペースが彼女のアクティングエリアだ。真紅のロングドレスに身を包んだヤンヤンは椅子に囲まれたこの限られたスペースで、長い肢体をしなやかにくねらせ息を飲むような動きを紡いでいく。なかでもスリットから覗かせた美しく長い足は生きもののように時折うねりを見せる。魅惑的な女の象徴でもあるカルメンだが、ヤンヤンは妖艶さと瑞々しさが同居したような清清しいカルメン像を見せた。

nagoya0904b06.jpg nagoya0904b05.jpg

『白鳥の湖』より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
前日に望月則彦の創作バレエ『四面カルメン』で名演を披露した越智久美子は、自身の十八番とも思える「黒鳥」で、古典バレエの揺るぎのないダンススタイルと安定感のあるテクニックを見せた。
名古屋市出身の越智久美子は、13歳で全国舞踊コンクール第1位となり、その後、愛知を代表するバレリーナとして、日本初のアンナ・パブロワ賞を受賞するなど、若い頃から愛知のバレエ界を支える存在として活躍してきた。現在でも第一線で踊りながら、最近ではバレエ団の団員への指導にも余念がなく、第2部で登場した森絵里などの若手ダンサーを育成している。
この作品では、最高のパートナーのワディム・ソロマハと息のあった踊りを披露。黒鳥に姿を変えたオーディルの強さや威厳が、越智久美子自身の落ち着きや風格と合わさり、役柄とダンサーがぴったりと重なっているかのような一体感を覚えた。

nagoya0904b07.jpg nagoya0904b08.jpg

第2部
『サタネラ』よりグラン・パ・ド・ドゥ

越智インターナショナルバレエの越智友則と森絵里はこれからの越智インターナショナルバレエを担っていく若きふたりだ。越智友則は、第4回世界バレエ・モダンダンスコンクールのシニア男性部門で銅メダルを受賞するなど世界各国の数々の著名コンクールで多数の賞を受賞後、新国立劇場バレエ団のソリストを経て、現在は再び愛知での活動にまい進している。また森絵里は越智久美子の指導の下、バレエ団の顔ともなってきた存在だ。
マリウス・プティパの原振付による『サタネラ』は、恋人のいる青年が、悪魔のサタネラに誘惑されて、婚約者を捨ててしまうという悲恋の物語。アイマスクをつけて登場した森絵里は小悪魔的な表情を全身から匂わせ、越智演じる青年学生を魅惑する。彼女に魅了された青年の心の内が越智の回転や跳躍のひとつひとつから迸るよう。それぞれのソロでは、的確な技術と伸びやかな表現を、またアダージョでは、互いの信頼関係を感じる自然なパートナーシップをみせた。

nagoya0904b09.jpg nagoya0904b10.jpg

コンテンポラリー・バレエ ソロ『Bourbier』振付:矢上恵子
世界バレエ&モダンダンスコンクールで銅メダルを受賞し、アメリカに渡った米沢唯が怪我のため来日不可能となり、急遽パトーナーだった福岡雄大(K★バレエスタジオ)のコンテンポラリーのソロ上演となった。米沢のプロとしての成長を見ることができなかったのは残念だが、福岡のソロ作品を見ることができたのは今回の公演の収穫のひとつであった。
福岡の踊る『Bourbier』は、振付家の矢上恵子が、第23回ヴァルナ国際バレエコンクールで振付賞を受賞した作品。古典のバレエとは一味もふた味も異なるダンスの魅力を凝縮した振付を堪能できた。矢上恵子はコンクールにおけるコンテンポラリー作品の振付家として、島崎徹などと並びすでに大御所となった感があるが、踊り手の個性を生かしながらも短い作品の中にたくさんの舞踊言語を投入し、一瞬にして目を奪う振付のセンスにはいつも新鮮な驚きがある。今回はヒップホップやジャズ、バレエと様々なテクニックを自由自在に操りながら、どのジャンルにも分類できないような、まさに同時代(コンテンポラリー)な表現で、古典の作品が続きがちなガラ公演全体をピリリと引き締めるスパイスの役割も果たした。

nagoya0904b11.jpg nagoya0904b12.jpg

『眠れる森の美女』よりよりグラン・パ・ド・ドゥ
松岡伶子バレエ団の大岩千恵子と碓氷悠太による『眠れる森の美女』は、昨年のバレエ団公演でも話題となった作品からのグラン・パ・ド・ドゥ。気品のある2人は風貌もまるで王女と王子そのままだ。
松岡伶子バレエ団でバレエを始めた大岩千恵子は、同バレエ団の輩出したバレリーナの中でももっとも活躍しているダンサーの一人。世界バレエ・モダンダンスコンクールで踊っていた大岩をみたバレエ団の芸術監督から、アメリカ・インディアナポリス・インターナショナル・バレエにスカウトされ、長い間アメリカで活躍してきた。こうしたコンクールは、単に勝敗を競う場所としてだけでなく、バレエ団入団という具体的なチャンスにも結びつく可能性をもった重要な役割も担っている。
一方、碓氷悠太はこの2月にも新国立劇場バレエ団で主役に抜擢されるなど、活躍目覚しい日本バレエ界若手のホープと言ってよいだろう。結婚式のグラン・パ・ド・ドゥでは、舞台経験の豊富な大岩と成長著しい碓氷による余裕のある踊りとさりげない演技で、初々しい中にも結婚の無上の喜びを表現した。

nagoya0904b13.jpg nagoya0904b14.jpg

『白鳥の湖』よりグラン・アダージョ
『白鳥の湖』のヤンヤン・タンは、カルメンとはまた異なる魅力で大輪となったその姿を披露した。サンフランシスコ・バレエのゲストプリンシパルのワディム・ソロマハはそんな彼女を完璧なパートナーシップでさりげなくサポート。
『白鳥の湖』のグラン・アダージョは森の中の湖畔が舞台だ。白鳥の姿で現れたヤンヤンは、頭の先からつま先まで一分の隙もない。手足の先まで感情があるように、しなやかに羽ばたかせる肩甲骨からは本物の羽が舞台に広がっていくかのようだ。彼女がほんのわずか動くたびに、白鳥の羽や尾などの震えが、彼女の身体を通して空間に微細な軌跡を刻む。長い肢体はそれ自体が自立して生きているかのようにたなびく。悪魔ロットバルトによって白鳥の姿に変えられてしまったオデットの悲しみがオデットの一挙手一投足の動きから滲み出るのだ。
伝統を受け継ぐことが重視された古典バレエもまた、ダンサーによって生まれ変わり、新しい感動を生み出すことを体感した白鳥の湖だった。また越智インターナショナルバレエによるコール・ド・バレエが、森の湖畔で戯れる白鳥たちを美しく演出し、作品の幻想性を高めるのに貢献していた。

nagoya0904b15.jpg nagoya0904b16.jpg

第3部
『パキータ』第2幕より

英国ロイヤルバレエプリンシパル、Kバレエ カンパニーのゲストプリンシパル吉田都が国際的なダンサーの登竜門、ローザンヌ国際バレエコンクールでインターナショナル・デビューを飾ったのは1983年。それから25年が経った今も、現役で舞台に立ち続けている彼女の姿は、日本のダンサーたちの憧れの的だ。
今回の公演では、吉田都がオーディションで選抜した愛知のダンサーとの共演が実現するとあって、愛知の各バレエ団を代表するプリマ・バレリーナたちが多数参加した。
1847年初演の『パキータ』は、ロマンティック・バレエの中でもスペインを舞台とした異国情緒豊かな作品。他愛もないストーリーだが、たくさんのソリストが得意な踊りを披露する場面あり、こうしたガラなどで上演される機会も多い。
パキータに恋するルシアンは英国ロイヤル・バレエ団のファーストソリストの佐々木陽平で、吉田とは2002年以来、何度か共演している信頼できる関係。
ソリストを踊ったのは、青木里英子(塚本洋子バレエ団)、岩越梨紗(岩越千晴バレエスタジオ)、佐々部佳代(松岡伶子バレエ団)、隅田咲(神澤千景バレエスタジオ)、水谷汐里(須山仁美クラシックバレエ)と、いずれもコンクールの上位を占める若手バレリーナたちだ。さすがに選ばれたダンサーたちによるコール・ド・バレエは整然として美しい。
こうしたトップバレリーナのそばで舞台を経験することはどんな指導にも変えられないほどの価値をもつ。吉田都のそばに居るだけで、20年もの間世界のトップを維持し続けてきた彼女の努力や、立ち振る舞舞台裏でのマナーなど、とかく独りよがりになりがちな日本のダンサーたちは多くのことを学べるはずだ。
通常と異なる枠組みによる様々な経験を経たダンサーたちによる、本格的なプロのバレエ団の設立も夢ではないかも、とそんな理想にも思いを馳せた一夜だった。
(2009年3月22日 愛知県芸術劇場大ホール)

nagoya0904b17.jpg nagoya0904b18.jpg
nagoya0904b19.jpg nagoya0904b20.jpg