ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

ブルーシャ西村 text by BRUIXA NISHIMURA 
[2013.08.12]

サラ・レーンとの息も合って素晴らしかったシムキンのデジレ王子

AMERICAN BALLET THEATRE(ABT) アメリカン・バレエ・シアター
"Sleeping Beauty" Staged by:Kevin McKenzie, Gelsey Kirkland and Michael Chernov, after Marius Petipa.
『眠れる森の美女』ケビン・マッケンジー、ゲルシー・カークランド、マイケル・シャルノフ振付・演出、マリウス・プティパ振付による

7月3日 昼下がりの公演、ABTの『眠れる森の美女』を見ました。
主な出演ダンサーは、オーロラ姫はソリストのサラ・レーン、デジレ王子はプリンシパルのダニール・シムキン、リラの精はソリストのステラ・アブレラ、カラボスはマーティン・ヴァン・ハメルです。青い鳥とフロリナ王女のパ・ド・ドゥでは、フロリナ王女をソリストの加治屋百合子が踊りました。コール・ド・バレエには、日本人の小川かほが出演していました。

ny1308d01.jpg Photo by Rosalie O'Connor

舞台セットと衣装はとても凝っていて豪華絢爛です。プロローグと三幕で構成されています。
プロローグは、オーロラ姫の誕生を祝っている洗礼のシーンです。たくさんの妖精たちが1人ずつ贈り物を表現して踊りました。ここのシーンのリラの精の踊りは、有名です。
カラボスが登場する時には、天井の右上から左下へ、本物の花火だと思われる火花と煙が飛んできて、煙がモクモクとしてる中にカラボスと4名の子分たちが出てきました。子分たちはクモのようなハエのような格好で、カラボスとともに黒が基調です。背中に小さな黒い羽根がついています。
この悪役は、主役を引き立て、物語を盛り上げる要素となっていて、彼らが登場することで舞台上に善と悪、白と黒などの対比が生まれます。
悪役のカラボスがオーロラ姫に悪い魔法をかけた様子が説明され、続いて善の役のリラの精が、それを和らげる魔法をかけているところがマイムで表現されました。
カラボスが去る時も、現れた時と同じように、左下から右上へ花火のような真っ赤な火と煙が素早く飛び、煙がいっぱいになって宙へ消えていきました。

第一幕は、オーロラ姫が成長して、カラボスのかけた魔法が効いてしまいます。マントを深くかぶって登場したカラボスが、姫に糸巻きを渡して、それが手に刺さり、オーロラ姫は100年の眠りについてしまいます。第二幕、デジレ王子のシムキンの登場です。王子と男性4人のお供の者たちが森の中で戯れている時、シムキンの王子が目隠しされて心の目に幻のお城が見えて、気になり始めました。皆が帰っても王子は1人残り、リラの精とたくさんのお供たちの妖精たちが現れ、また王子に城の幻をまた見せます。
シムキンの王子がソロで踊りましたが、羽がついたようにとても軽々とした動きでした。回転もジャンプもとてもスピード感があります。体の軸がしっかりしていてビクともせず、安定しています。
リラの精の大きな白鳥のような船に乗ってシムキンは、オーロラ姫が眠るお城を目指します。この大きな船は、ゆっくりと舞台上手へ進み、ターンしてまた舞台下手へ進みました。以前の演出よりも、この船が進むシーンと距離が倍くらいに長くなった気がしました。
ブッシュに覆われたお城の前に着いて、カラボスが王子を襲ってきましたが一蹴。お城にかかっていた魔法がだんだん融けます。デジレ王子がオーロラ姫にキスして魔法が解けて、お城の人々もみんな目を覚ましました。
第三幕は、オーロラ姫とデジレ王子の結婚式のシーンです。お祝いの踊りがたくさんでてきます。
青い鳥とフロリナ王女のパ・ド・ドゥで、フロリナ王女を加治屋百合子が踊りました。加治屋は首、肩、腕の表情が美しくて、とても余裕があり、安定した踊りでした。

この作品で一番盛り上がるのは、オーロラ姫とデジレ王子のグラン・パ・ド・ドゥです。。シムキンはここでも、ピルエットは一回勢いをつけただけで軽く6回転をしていました。ジャンプも素晴らしく高いです。パッセで止まるところも、軽く、静かでとても正確な動きでした。サラ・レーンとの息も合っていて、リフト、リードも上手でした。
(2013年7月3日 メトロポリタン・オペラ・ハウス)