ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 こんにちは。ニューヨークはすっかり寒くなり、氷点下の日が多いです。クリスマスシーズンが近くなり、たくさんのバレエ&ダンス公演が目白押しです。鑑賞が楽しみな季節です。

スピーディで速い展開のインバル・ピント・ダンス・カンパニ

 11月11日から16日まで、ジョイスシアターにて、イスラエルのインバル・ピント・ダンス・カンパニーの公演がありました。上演した作品は、2006年初演の『シェーカー』です。途中休憩なしのノンストップです。出演ダンサーは、男女12名です。

 インバル・ピントはアートスクール出身で、もとグラフィック・デザイナーのダンサー、振付家で、こちらのコラムで5年以上前にも鑑賞して書いたことがあります。私がコラムを担当し始めてすぐのことでした。これは、すごくアーティスティックで大好きなカンパニーなので、もう5年以上ぶりということで、鑑賞するのをとても楽しみにしていました。インバル・ピントとアシャロム・ポラックの2人組みで芸術監督を務めていて、振付、衣装デザイン、舞台セットデザイン、サウンドトラックを彼らが作っています。

『シェーカー』は、全体的に演劇作品のようなものでした。ストーリーは特になかったような感じで、次々に色々なシーンが移って入れ替わり、重なって続いていきました。演劇、パントマイム、ダンスが統合されていて、1つの作品になっていました。作品全体を通して、真冬の雪の季節の設定で、舞台上には白い雪が積もっていて、時々舞い上がっていました。照明も薄暗くブルーとか紫がかっていることが多く、積もった雪の効果で、とても幻想的な空間になっていました。
 舞台後方に、三角屋根の小さな小屋(50cm四方くらいの大きさ)が、等間隔に3個並べられていました。その小屋には、ドアがついていて、開閉できるようになっていました。この小屋はまるで小人用のように見えるので、おとぎ話の世界に入り込んだように思えました。

 最初、舞台上手の前の方に6人くらいのダンサーたちが重なり合って横になっていました。そして、3個の小屋のうち右端のものの上に女性が一人、うずくまって据わっていました。
 同時に、黒と白の縦のストライプ・スーツを着た中年男性と、長いパステルカラーのドレスを着た女性の2人が、無表情でパントマイムのような演技をしていました。突然、男性はその女性を横たわらせて、左端の小屋のドアを開けて、彼女の足を押して、彼女を頭からそのドアの中に少しずつ、“ズズッ”と押し込みました。
 重なり合って横たわっていた6名くらいのダンサーたちは、少しずつ動き始めました。(掲載している写真は、この最初のシーンのもので、彼らが動いているところです。)ゴロゴロと動いて舞台の真ん中のほうに移動していました。
 そして屋根の上にうずくまっていた女性と寝転がっている人の中から4人が起きて踊り出しました。止まったり動いたり、を繰り返していました。だんだんと寝転がっている人達が立ち上がって、6~7人で踊り、だんだん人が増えて、10名以上で踊っていました。
 途中から、何度か、顔まで全て覆われたグレーや黒の全身タイツの男性のダンサーが出てきて、女性ダンサーたちと踊ったりして、味を出していました。

 一番強烈に印象に残ったシーンは、最初に出てきていたストライプ・スーツの男性がティーカップを手に持ち、長いドレスの女性が、ティーポットを手に持って、2人ともルルベをしたまま速いスピードで小走りに舞台上を縦横無尽に走り回っていたところです。無表情のまま、背筋を伸ばして足だけを動かして、2人で追いかけ回しているので、観客は笑っていました。そしてしばらくして、女性が男性に追いついたら、男性がカップを差し出すと、女性はティーポットから液体を注いで、男性はそれを飲みました。また2人はルルベで走り回って、何度か男性のカップに女性のティーポットから液体を注いでは飲んでいました。面白かったです。男性は倒れて、女性は横たわってティーポットを手に持ったまま、自主的に左端の小屋に入っていき、最後はドアをパタンと閉めました。
 すぐに真ん中の小屋のドアが開いて、中から別の女性が出てきて、日本語の古い曲で踊りました。自分の右手で自分の髪の毛のスソを持ち上げたまま踊ったり、面白い個性的な振付でした。リズム、メロディーと踊りが合っていました。そしてまたこの女性も、右の小屋に自分で這って入って行き、ドアを閉めました。

 ダンサーたちのダンスがいろいろとシーンが重なって繰り広げられたあと、舞台上で数名のダンサーたちが動き、ドレスの女性が無表情で長い紙テープをくるくる回し続けていて、そこに、ストライプ・スーツの男性が、首が無くなっていて、大きなストライプジャケットになって歩いてゆっくりでてきているところで、突然照明が消えて、終わりました。
(2008年11月13日夜 ジョイスシアター)