ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

 こんにちは。日本は40度を越す猛暑のところもあったそうですが、皆様はお元気ですか?ニューヨークは、今年は夏らしい暑い日はわずかで、涼しい日が続いていました。今年は異常気象ですね。  ニューヨークは、8月半ばからしばらく夏期休暇を取ってクローズする劇場がいくつかあります。コンテンポラリー・ダンスの殿堂であるジョイスシアターもそうです。そのため、今月号では、引き続きリンカーンセンター・フェスティバルのレポートと、ぺリ・ダンス・スクールの創始者の、イガール・ペリーのインタビューをお届けします。ぺリ・ダンス・スクールには、毎年多くの日本人学生が留学しています。

シェン・ウェイ・ダンス・アーツの京劇とダンスのアレンジ

 毎年夏に行われるリンカーンセンター・フェスティバルに招聘されて、7月24日、28日、29日に、シェン・ウェイ・ダンス・アーツの『セカンド・ビジット・トゥー・ザ・エンプレス』の公演が、ニューヨーク・ステート・シアターで行われました。

 シェン・ウェイは、毎年のようにリンカーンセンター・フェスティバルに招聘されていて、過去にこのコラム内でも何度かレポートしました。中国の江南(Hunan)出身で、9歳からチャイニーズ・オペラ(京劇)を学び始め、1995年にニューヨークに引っ越してきました。2000年に自身のダンスカンパニーであるシェン・ウェイ・ダンス・アーツを立ち上げ、様々のダンスの賞を受賞してきました。

 シェン・ウェイはダンサー、振付家、画家、デザイナーであり、今回のこの公演でも、舞台監督と振付、舞台セットとコスチュームデザインを彼が手がけています。

『セカンド・ビジット・トゥー・ザ・エンプレス』

 この作品は、今まで彼がニューヨークで上演した作品とは全く違って、京劇色が大変強いものでした。すべての音楽と歌詞は、北京オペラ(京劇)のクラシック名曲集からのものです。すべて中国語でした。音楽は、17人の中国楽器の音楽家たちがオーケストラ・ピットで演奏しました。ベースが京劇なのでキャストは4人で、中国語のオペラを歌い演じていました。ヨーロッパのオペラとも少し似ているように感じました。頭の上から高い声を出すように歌っていました。4人とも中国では京劇の第一線で活躍している方々で、ジェニファー・ティプトン、デン・ムー・ウェイ、ヘー・ウェイ、ソン・ヤンです。

 ダンサーたちはシェン・ウェイ本人も含めて12人でした。4人のキャストが京劇を歌って演じている周りで、ダンサーがその背景のように踊りました。ダンサーの衣装は全員薄いグレーの長そでと長パンツの上下で、顔は白塗りで、あまり目立たないように背景に溶け込むかのように地味に抑えられていました。それとは対照的に、京劇のキャストの4人は、日本の歌舞伎のような独特な京劇の化粧で、衣装も豪華絢爛で、派手な色彩のものでした。全体的に、舞台のデザインは現代風にアレンジされていました。

ダンサーたちは、シェン・ウェイ独特の、体の動きが全部ズラズラとつながったような不思議な振付けで踊っていました。