ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

●「竹谷明美」のボディー・ポエム

 11月4、5日に、ジャパン・ソサエティーにて、オーストリアのウイーン在住の日本人ダンサー、竹谷明美の公演がありました。日本独特の、舞踏の流れを汲んだダンサーです。竹谷は、少女時代に野球でピッチャーをしていて、その後、ダンスと三味線を学んだという経歴があります。91年からウイーンに住んでいて、数々のアーティストたちとパフォーマンスのコラボレーションをして、活躍しています。

「ボディー・ポエムズ・レフレクション」と題したこの公演は、ダンサーは竹谷一人のソロで、伴奏のギタリストが一人、時々舞台の端に出てきていました。ボディーポエムが5つ上演されました。バレエベースのコンテンポラリー・ダンスでもないし、モダンダンスでもないし、ダンスらしい振付の動きは全くないものです。ダンスではないので、ボディー・ポエムと名付けたのでしょうね。詩人ジャン・コクトーに触発されて作った作品だそうです。

独り言をぶつぶつ言いながら、舞踏のように、カクカクした不自然な人形のような動きをしたり、ずっと泣いていて鼻水をかんだり、顔の表情と間合いで表現しているような感じでした。日本語で短歌を詠んだシーンもありました。

 最後の作品が一番印象に残っています。上半身裸で出てきて、舞台上で、姿鏡を見ながら、顔と背中と腕全体に、隙間を残さず濃いグレー色のような絵の具をスポンジで塗りたくり、骨組みだけで出来たスカートのようなものをはき、動きました。