ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

●ナショナル・バレエ・オブ・チャイナ(NBC)

ナショナル・バレエ・オブ・チャイナの『レイズ・ザ・レッド・ランタン』の公演が、BAMで、10月8日から12日まで行われました。初めて観ましたが、舞台セットも衣装も豪華絢爛で、技術的にもとてもレベルが高いダンサーばかりで、見応えがありました。題材は中国の物語です。

NBCは、中国人ダンサーのみのバレエ団として、1959年に創立されました。80名以上のダンサーが所属しているそうです。

今回の公演のストーリーは、1930年代の中国が舞台の、不倫の物語でした。物語の内容は、よくありがちなメロドラマでしたが、豪華な舞台セットと衣装が、とても素晴らしかったです。昔の中国の王朝の様子が描かれていました。朱色と金色、水色とうす紫とピンクなど、派手で鮮やかな色に満ちていました。同じ派手でも、色使いのセンスは、ヨーロッパのものとは全く違います。東洋的な感じでした。物語は中国が舞台ですが、振付はクラシック・バレエで、トウシューズで踊っていました。中国とヨーロッパの文化であるバレエが混ぜられていて、ミスマッチな感じでしたが、意外になじんでいて感心しました。

権力を象徴するものとして、庭に灯されたたくさんの赤い提灯がでてくるシーンがありましたが、紙で出来ている提灯を手で順番にたくさん破いていきました。毎回、新しい提灯を、あらたに舞台セットのために用意しているのでしょう。

中国の京劇もでてきました。特に京劇のメイクと衣装が、とても東洋的で、アメリカ人にとってエキゾチックな演出になっていて、効果があったと思います。全体を通じて、とても面白い作品でした。