ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From New York <ニューヨーク>: 最新の記事

From New York <ニューヨーク>: 月別アーカイブ

●ニューヨーク・シティー・バレエのロビンズ特集

 2月27日まで、冬のシーズン中だったニューヨーク・シティ・バレエの公演を、2月12日に観にいきました。振付家ジェローム・ロビンズの特集で、彼の4つの小品集でした。

 一つ目の『ファンファーレ』は1953年初演の作品で、語り部付きの、楽器ごとに衣装の違う、4つの楽器を表現した踊りでした。ウッドウインズ(オーボエ、クラリネットなど)、ブラス(ホーンズ、トランペットなど)、ストリングス(ヴァイオリン、チェロなど)、パーカッション(ドラムス、シンバルなど)です。楽器ごとに特色があって、とても楽しい作品でした。

『牧神の午後(アフターヌーン・オブ・ア・ファウン)』は、1953年の作品で、ドビュッシーの静かな曲にあわせた作品です。ファウンはファウヌスのことで、半人半羊の牧畜の神です。バレエのレッスン場で寝転がっている男性が、午後の昼寝のまどろみの最中に、夢の中でファウンの女性に遭うというお話だとおもいます。男性が寝転がったり、起き上がってストレッチをしたかと思うとまた寝転んでいるところに、レッスン場に金髪の長い髪の美しい女性が入ってきてストレッチなどウォーミングアップをしていました。そして2人でペアで踊った後、見つめあって、女性が男性の頬にキスをして、女性だけが去っていきました。また男性が床に寝転んで終わりました。すべてが夢のなかのお話だったのですね。

『牧神の午後』


『四季』
 『アンダンティーノ』は、1981年の作品で、チャイコフスキーの音楽を使ったものです。男女ペアの短い作品で、早い曲に乗った、軽やかな踊りでした。

 『四季』は、1979年の作品で、ヴェルディーの曲の作品です。冬、春、夏、秋という四季を踊りで表現していました。衣装も季節ごとに違っていて美しかったです。冬は白い衣装で、舞台後方には雪の映像が流れ、寒そうな凍えている振付でした。春は黄緑の衣装で、ゆったりした軽やかな感じの踊りでした。夏は、オレンジ色とゴールドの衣装で頭には赤い花輪がつけられていました。舞台後方には大きなオレンジ色の太陽が映し出され、ゆっくりした曲で、アラビア調の振付でした。秋は、頭に2本のツノをつけた鹿のような動物を表した男性がソロで踊り、濃いピンク色の男女がたくさんでてきました。