ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From London <ロンドン>: 最新の記事

From London <ロンドン>: 月別アーカイブ

アンジェラ・加瀬 text by Angela Kase 
[2010.02.10]

ナショナル・ダンス・アワード、サウスバンク・ショー・アワード発表

今年ノミネートされた古典部門のダンサー及び振付家は下記のとおり。

  • 最優秀男性ダンサー賞
    ロイヤル・バレエ=フェデリコ・ボネッリ
    スコティッシュ・バレエ=ポール・リンバード
    フリーランス・ダンサー=コリン・ダン
     
  •  最優秀バレリーナ賞
    ロイヤル・バレエ=リアン・ベンジャミン
    イングリッシュ・ナショナル・バレエ=エレナ・グルジャーゼ、ダリア・クリメントヴァ
     
  • 男性ダンサーによる傑出したパフォーマンス賞
    ロイヤル・バレエ=セルゲイ・ポルーニン
    ノーザン・バレエ=トバイアス・バトリー
    イングリッシュ・ナショナル・バレエ=エストバン・ベルァンガ
     
  • 女性バレリーナによる傑出したパフォーマンス賞
    ロイヤル・バレエ=メリッサ・ハミルトン
    スコティッシュ・バレエ=マルティナ・フォリオソ
    バレエ・ブラック=サラ・クンディ
     
  • 最優秀振付家賞
    ロイヤル・バレエ=ウェイン・マクレガー『インフラ』
    イングリッシュ・ナショナル・バレエ=デイヴィッド・ドーソン『牧神』
    ロイヤル・バレエ=リアム・スカーレット『コンソレーションとリーベストラウム』
london1002c01.jpg london1002c02.jpg

今年はロイヤル・バレエが古典部門の4部門を獲得し、バレエ団のかつての名キャラクタ・ダンサーで、アシュトン作品の指導者として世界的に有名なアレクサンダー・グラントが功労賞を受賞した。
古典バレエ各部門の受賞者は下記の通り

  • 功労賞
    元ロイヤル・バレエ=アレクサンダー・グラント
     
  • 最優秀男性ダンサー賞
    スコティッシュ・バレエ=ポール・リンバード
     
  • 最優秀バレリーナ賞
    ロイヤル・バレエ=リアン・ベンジャミン
     
  • 男性ダンサーによる傑出したパフォーマンス賞
    ロイヤル・バレエ=セルゲイ・ポルーニン
     
  • 女性バレリーナによる傑出したパフォーマンス賞
    ロイヤル・バレエ=メリッサ・ハミルトン
     
  • 最優秀振付家賞
    ロイヤル・バレエ=ウェイン・マクレガー『インフラ』
london1002c03.jpg london1002c05.jpg london1002c04.jpg

ナショナル・ダンス・アワードについて私が毎年不思議に思うのは、バーミンガム・ロイヤル・バレエ(BRB)の振付家、指導者、ダンサーのノミネートが殆どないことである。充実した演目と新旧のダンサーを擁し、イギリス国民にこよなく愛されるバレエ団だけにこの賞に作品やダンサー、振付家、関係者の名前が上がらないのは全くもって不思議である。

1月26日にはサウス・バンクショー・アワードの発表があった。
サウス・バンクショーとはイギリスの民放テレビ局ITVの人気アート・カルチャー番組。音楽、バレエ、絵画、文学、映画とそれらに関係するアーティストについて幅広く取り上げるもの。
バレエ関係では、これまでヌレエフやギエム、コジョカルとコボーのパートナーシップに焦点をあてた特番を放映。一部はDVDになり日本のファンにも知られている。
この賞についていうと、ダンス部門ほか各賞にノミネートされる作品やアーティストに、イギリスらしさや毎年のトレンドを反映しつつ、かつ非常に公平である。

london1002c06.jpg

今年のダンス部門はバーミンガム・ロイヤル・バレエ団芸術監督でイギリスを代表する振付家、デイヴット・ビントレーがアインシュタインの相対性理論を元に作ったバレエ『E=mc²:』に与えられ、ナショナル・ダンス・アワードにBRB関係者がノミネートされない不思議を嘆くイギリスのバレエ・ファンを安心させた。
ビントレーは受賞にあたり「バレエ団がバーミンガムに移転して20年目の記念すべきシーズンに、『E=mc』で、この賞を受賞することができ嬉しく思います。この賞は、私が重要視するアーティストによるクリエイティブなコラボレーション、バレエ団の才能あふれるダンサーたちの努力や、私自身の新作を生み出す力に光をあて、バレエ団を次の輝かしい未来へと導いてくれることでしょう」と語った。

またバレエ団総裁クリストファー・バロンは「バレエ団がバーミンガムに移転して20年目の記念すべき年にこの賞を受賞でき嬉しく思います。この賞はバレエ団とビントレー作品を称えるだけではなく、バーミンガム市の芸術一般の発展に貢献し、2013年に予定されているバーミンガム ヨーロッパ芸術首都年に力を与えてくれるであろうと信じています」と語っている。
(2010年1月21日、ナショナル・ダンス・アワードの授与式)