ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2016.01.12]
From Nagoya -名古屋-

川口節子のオリジナリティのある『ロミオとジュリエット』が心に響いた

川口節子バレエ団創作公演「舞浪漫2015」
『ロミオとジュリエット』『夫婦』川口節子:振付、『The Carnival Suite』『GREEN』『Twinkle Star Variations』『Different Trains』松村一葉:振付、『まる』木原浩太:振付

川口節子バレエ団、クラシック・バレエでも見応えのあるものを観せてくれるけれど、創作作品でのオリジナリティが特に興味深いバレエ団だ。今回は、そんな様々な創作作品を楽しめる公演だった。

nagoya1601_0009.jpg 『The Carnival Suite』撮影:杉原一馬

松村一葉振付の『The Carnival Suite』で幕開け、キャンディのようにカラフルな衣裳での明るくノビノビとした踊りが理屈抜きに楽しい。次にはメガネに白衣の木原浩太による『まる』、研ぎ澄まされた身体がよく活かされていた。
次の『GREEN』(松村一葉振付)は、無機質かと思える振りの中にも人間味があった。『夫婦』(川口節子振付)は、小出領子と後藤晴雄が踊った。本当に夫婦である2人が自然に一緒に歩を進める、とてもさりげない、そのさりげなさが良い。『Twinkle Star Variations』(松村一葉振付)は、水のような清い雰囲気と女の子の可愛らしさの両方が感じられる作品だった。スティーブ・ライヒの音楽に振り付けた『Different Trains』(松村一葉振付)は、現代的でスタイリッシュ、フレッシュな魅力を感じる群舞だった

nagoya1601_0114.jpg 『ロミオとジュリエット』撮影:杉原一馬

そして最後は、川口節子の新作『ロミオとジュリエット』。音楽はプロコフィエフ。幕開けは狂気を思わせる奇声、“悪戯な運命” という役の野々村明子と古井慎也、その野々村の奇声だ、魔女のような妖しさで一気に作品に引き込む。
ジュリエットは余韻を持ってしなやかに四肢を使えるダンサー、中谷友香。シーンに応じてお転婆だったり、演技の変化も良かった。そして、ロミオは木原浩太。クラシック・バレエのダンサーではなく、独特の個性を持った彼をロミオにということで、普通に観るバレエ『ロミオとジュリエット』とはまったく違う雰囲気が出来上がっていた。初めての恋の不器用さ、子どものままの純真さがそのまま客席に伝わり、それが、運命の痛々しさを増幅する。また、ラストの墓場のシーンにもオリジナリティがあった。ロミオが死んでしまっているのをロレンス神父(徳山博士)が見つけるのだ、神父は嘆き、眠りからさめたジュリエットを連れ出そうとするが……。結局、ジュリエットは事実に気づき、ナイフで……。ぞくぞくするラストだった。川口は特にストーリーを持った作品で、新たに読みなおしたようにオリジナリティを持って、心に響く良い新作を創ってくれる振付家だということをつくづく感じた。
(2015年11月21日 名古屋市芸術創造センター)

nagoya1601_0091.jpg 『ロミオとジュリエット』 nagoya1601_0129.jpg 『ロミオとジュリエット』
nagoya1601_0083.jpg 『ロミオとジュリエット』 nagoya1601_0014.jpg 『まる』
nagoya1601_0022.jpg 『GREEN』 nagoya1601_0031.jpg 『夫婦』
nagoya1601_0036.jpg 『Twinkle Star Variations』 nagoya1601_0069.jpg 『Different Trains』
撮影:杉原一馬(すべて)