ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From London <ロンドン>: 最新の記事

From London <ロンドン>: 月別アーカイブ

アンジェラ・加瀬 text by Angela Kase 
[2008.06.10]

ロイヤル・バレエ『ダンシズ・アット・アギャザリング』

 ロイヤル・バレエ団は5月17日より、『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』と『真夏の夜の夢』を上演。
 『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』は、振付家ジェローム・ロビンズの没後10年を偲び、70年代以来久々のリバイバル上演となった。
 ロイヤル・バレエ団は、NYCBによる世界初演の翌年にあたる1970年に同作品を初上演。当時のバレエ団といえばルドルフ・ヌレエフやアントニー・ダ ウエル、デイヴィド・ウォールら綺羅星のような男性スターがひしめいていた時分。バレリーナもリン・シーモア、アントワネット・シブレー、現芸術監督のモ ニカ・メイソンがおり、技巧と個性豊かなスター・ダンサーを多数必要とするこの作品の上演にはもってこいの時代であった。

カスバートソン コジョカル、コボー コジョカル、ハーヴェイ
コボー、ハーヴェイ コボー ハーヴェイ


 作品にはこれといった物語はなく、ショパンのピアノ曲をスコアに男女各5人のダンサーが踊る趣向。役名はそれぞれのダンサーが着ている衣装の色からとられている。
 今回のリバイバルにあたって、バレエ団は初演時にグリーン・ガールを踊ったフランス人バレリーナ、ヴィオレット・ヴェルディやロビンス作品トラストのベン・ヒュイスを指導に招いた。
 また海外から男女各1名のゲスト・プリンシパルを招き、公演前半と後半に変化を与えた。女性はNYCBのイヴォンヌ・ボレ、男性はシュツットガルト・バレエ団のジェイソン・ライリーである。

ボネッリ ポルーニン モレーラ、ポルーニン
コジョカル、ハーヴェイ コジョカル、モレーラ、
ハーヴェイ、ボネッリ
コジョカル、ロッホ、ラム



  5月21日と28日に2キャストで見る。
 21日はピンクをNYCBのイヴォンヌ・ボレ、モーヴ(淡い紫)をローレン・カスバートソン、アプリコットをラウラ・モレーラ、グリーンをリアン・ベン ジャミン、ブルー・ガールをサマンサ・レイン、男性陣はブラウンをカルロス・アコスタ、パープルをマーティン・ハーヴェイ、グリーンをフェデリコ・ボネッ リ、ブリック(れんが色)をリッカルド・セルヴェーラ、ブルーをヨハネス・ステパネクが踊った。

コジョカル、ロッホ、ラム コジョカル、ロッホ、ラム


コボー、コジョカル ラム、ハーヴェイ



 女性ではグリーンを踊ったベンジャミンの円熟、モーヴを踊ったカスバートソンの音楽性とエレガンスが観客の目を奪った。男性では英国初演時にヌレエフと ウォールが受け持った役を受け継いだ、アコスタとハーヴェイの男2人の掛けあいが見事であったし、グリーンを踊ったボネッリの音楽性と四肢の見事なコー ディネーションが素晴らしかった。また優れた音楽性とダイナミズムを共有する、モレーラとセルヴェーラによるアプリコットとブリックも作品を引き締め、ア コスタ、ハーヴェイと共に観客にこの作品を見る醍醐味を教えてくれた。NYCBより客演のボレは、オペラ・ハウス・デビューに緊張していたのであろうか、 ソロでも男性陣とのデュエットでも自らの美質をアピールすることができず残念であった。

ボネッリ、マルティン、ハーヴェイ、コジョカル、ラム

ラム、コジョカル、ハーヴェイ、ボネッリ、マルティン


 28日はピンクをマリアネラ・ヌニェス、ブルーをサラ・ラム、モーヴ、アプリコット、グリーンは21日と同じくカスバートソンとモレーラ、ベンジャミン が踊ったほか、男性はブラウンをヨハン・コボー、ブリックをセルゲイ・ポルーニン、ブルーをホセ・マルティン、パープルとグリーンは21日と同じくハー ヴェイとボネッリが踊った。
 作品にはピンクとブルーの女性2人がブラウン・ボーイと戯れ踊る場面があるが、ピンクを緊張からか始終硬い表情のボレが踊った21日に比べ、28日のヌ ニェスとラムの2人はそれぞれチャーミングで、コボーと共に観客の目を楽しませた。また今シーズン入団のセルゲイ・ポルーニンがブリックに抜擢された。新 人であるにもかかわらず、バレエ団の主要ダンサーに混じってひけをとるところは何一つとしてない。これに経験とスター性が伴えば、スティーヴン・マック レーと共に将来のロイヤル・バレエを牽引する主要男性ダンサーに成長するであろう。
 残念だったのは5月16日の最終ドレス・リハーサルと、翌17日にピンク・ガールを踊って、愛らしさと類まれな身体能力をみせたアリーナ・コジョカル が、故障から以降この作品を降板してしまったことである。バレエ団との過密スケジュールと、自らの名前で行ったチャリティ・ガラの準備や主演など無理がた たったのであろうか。コジョカルの一刻も早い回復を祈りたい。

ラム、ハーヴェイ、ボネッリ、コジョカル、マルティン

ハーヴェイ、ラム、モレーラ、ボネッリ、ロホ、マルティン