ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From London <ロンドン>: 最新の記事

From London <ロンドン>: 月別アーカイブ

船引怜美 Text by Remi Funabiki 
[2004.11.10]

●「ダンス・アンブレラ2004」、マース・カニングハム85歳の新たな挑戦

10月5日、ロンドンの秋の大イベント、ダンス・アンブレラ(DU)2004(10月5日~11月27日、ロンドンの6つの劇場で公演)が始まりました。その幕開きを飾ったのはマース・カニングハム・ダンス・カンパニー。昨年のカンパニー50周年を記念して

 

創 られた『スプリット・サイズSplit Sides』ほか2作品がバービカン・センターで上演されました(10月5日~9日)。85歳のカニングハムはダンサーに支えられての舞台登場となりまし たが、ダンスの新たな可能性を求める彼の信念とバイタリティーはその年齢をまったく感じさない強さがありました。

新 作『スプリット・サイズ』では衣裳、照明、音楽、振付、美術がそれぞれ2種類ずつ用意されており、その公演が始まる際にさいころでそれらの順番と組み合わ せが決められるという試みが非常に話題になりました。算数の確率の授業を思い出すようですが、32種類の違う組み合わせが可能だそうです。初日には、開演 時にカニングハム自身による説明の後、英国コンテンポラリー・ダンスの象徴的振付家リチャード・アルストン、ショバン・デイビスらによってさいころが振ら れ“今晩の『スプリット・サイズ』”が決められました。
カニングハムといえば、ジョン・ケージ、アンディー・ウォーホールなどの巨匠の音楽家や美術家とのコラボレーションで有名ですが、今回のコラボレーターも 興味深いものになりました。音楽を担当したのはイギリスのロックグループ、レディオヘッドとアイスランドのロックグループ、シガーロス。美術デザインは 2002年のターナープライズ候補者だった写真家キャサリン・ヤスと19歳の美術学生ロバート・ヘイシュマンが担当。
シ ガーロスは特性のポアントで作られた木琴を使用するなど音楽は興味深い部分もありましたが、音楽とダンスの相互関係を見ることが出来ないことに疑問を感じ ました。どの組み合わせでも作品として可能である、という偶然性を追求したカニングハムのコンセプトは非常に興味深いと思いましたが、何回もこの作品を観 てそれぞれの違いを見ることが出来ないために、その特別性を感じることはできませんでした。32の異なる『スプリット・サイズ』は視覚的に興味深い現象か もしれませんが、音楽や照明がダンサーのムーブメントそのものに与える影響を排除し、ダンサーを動く駒として見ているような気がしてなりません。

カキカキと音が聞こえてきそうな機械的なカニングハム・テクニック----私的には人間味を感じることのできないこのテクニック/ムーブメントが苦手なせ いか、振付として魅力を感じることができませんでした。コンピューターで自由自在に自分の写真の髪型や洋服を変えて様々な可能性を楽しむことができても、 そこには本当の自分が存在しない気がするのと同様に、作品としての本当の姿がないように思えました。
昨年のテートモダンでの公演では「さすがカニングハム・カンパニー!」と思わせる非常に優れたテクニックが印象的でしたが、今年のカンパニーは新人ダン サーが多かったためか技術的な水準の低下が目立ちました。カニングハム作品はまさに身体の動きを究極的に追求したものの故にダンサーの動きの粗さが作品の 印象を変えてしまっているような気がして、非常に残念でした。
(10月5日、バービカン・センター、ロンドン)