ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From London <ロンドン>: 最新の記事

From London <ロンドン>: 月別アーカイブ

船引怜美 text by Remi Funabiki 
[2004.05.10]

●ヴィクトリア・ベッカムがイングリッシュ・ナショナル・バレエをサポート

現在、本拠地ロンドン・コロシアム改修工事中のため、ツアーリング・カンパニーとして活動を続けている、イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)。予定されていたニュー・プロダクションが財政的問題にためキャンセルされるなどの現状が心配されています。
2004年3月、ヴィクトリア・ベッカムは慈善活動の一環として、ENBの今後の活動を積極的にサポートしていきたいという意向を表明し、ENBとも話し 合いが続いており、ENBのリハーサルにも訪れている(息子ブルックリン君&ロミオ君と共に)という情報がBBCニュースのウェブサイトに紹介されまし た。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/arts/3524072.stm

そのENBが待望のロンドン公演を行います。
デレク・ディーン版『白鳥の湖』 6月9~13,15,~19日 ロイヤル・アルバート・ホール。2000年に初演されたデレク・ディーン版の注目は、円 形ステージでの上演です。64羽の白鳥が舞います。(2001年には熊川哲也の特別出演で日本公演も行ったので、日本ではもうおなじみかもしれません。) この公演の話題は、マラーホフに見出され世界的に注目を集めるバレリーナ、ポリーナ・セミノワ(ベルリン国立歌劇場バレエ団プリンシパル)のロンドン・デ ビューです。パートナーのジークフリードはロベルト・ボッレという夢のようなキャスティングです。
詳細&チケット:http://www.ballet.org.uk/site/launch.html