ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2016.03.10]

お話や簡単エクササイズ、初心者にも親しみやすいバレエ案内──野間バレエ団「バレエを楽しもうin Sakai堺」

野間バレエ団
野間康子:振付、芸術監督、野間景、青木崇ほか:出演

野間バレエ団が堺市文化振興財団と共催で行った企画。一般2000円、学生(高校生以下)1500円、親子ペアで3000円とバレエ公演にしては比較的リーズナブルで解説もつくということで、初めてバレエを鑑賞する方にとって足を運びやすかったのではないかと思う。

osaka1603b_0047.jpg 「やさしいバレエ講座&簡単エクササイズ」
撮影:M take 連昌浩(すべて)

まずはじめは「やさしいバレエ講座&簡単エクササイズ」。野間康子、真銅恵子、平井恵の解説・指導で、クイズも盛り込みながらの親しみやすい構成。その後、横野愛をモデルに客席でもできる簡単エクササイズ。おだやかなおしゃべりで楽しんだ後は、野間景と青木崇による『白鳥の湖』第2幕よりグラン・アダジオ。初めてバレエを観るなら“白鳥”が観たいと思っている日本人が多いようにいつも感じているのだけど、一部分とはいえ、この2人の白鳥が観られたのは良かったのではないだろうか。野間景のオデットはしっとりとした大人の落ち着きと清らかさが感じられ、青木崇の端正な魅力とともに、とても品のある踊りに仕上がっていた。

後半は『コッペリア』ダイジェストから。スワニルダを荒瀬結記子がチャーミングに、フランツを青木崇が自然な演技で、2人ともテクニックも楽しませてくれた。さまざまなディヴェルティスマンもあり、観客はいろいろなタイプの踊りを楽しめたのではないだろうか。その後、野間景によるバレリーナのお話をはさみ、フィナーレはジャズ調。舞台はほとんど素舞台での2時間だったが、良いダンサーによって、バレエの魅力の一端を伝えるものに仕上がっていたと言えそうだ。
(2016年2月7日 堺市立栂文化会館ホール)

osaka1603b_0056.jpg 『白鳥の湖』第2幕よりグラン・アダジオ osaka1603b_8002.jpg 「やさしいバレエ講座&簡単エクササイズ」
osaka1603b_0298.jpg 『コッペリア』 osaka1603b_0413.jpg 『コッペリア』曙
osaka1603b_0444.jpg 『コッペリア』祈り osaka1603b_0452.jpg 『コッペリア』戦い
osaka1603b_0493.jpg 『コッペリア』 osaka1603b_8008.jpg グランドフィナーレ
撮影:M take 連昌浩(すべて)※クリックで拡大写真が開きます