ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.09.10]
From Osaka -大阪-

まさに夏の夢の森の中に引き込まれたような不思議な体験

波多野澄子バレエ研究所
演出・振付:波多野澄子『シーズン』、深川秀夫『パ・ド・サンク』『新たなる道』『真夏の夜の夢』

例年夏に行われる波多野澄子バレエ研究所の舞台。まずは、可愛らしい小品集から始まり、バレエコンサートでは、桑原万奈の明るい太陽のような『ドン・キホーテ』第3幕よりキトリのヴァリエーションや、深川秀夫振付の『白鳥の湖』第1幕で通常は3人で踊られるパ・ド・トロワをアレンジしたパ・ド・サンク(荒俣真衣、井上硝湖、眞壁友里、田中怜奈、弓場亮太)を楽しんだ。そして心にしみ入り印象に残ったのは、こちらも深川が振り付けた『新たなる道』。国を取り巻く情勢の中で運命を受け入れざるを得ない女性たちの、哀しげな中に強さを感じさせる姿をショパンの音楽に乗せて描いた作品。深川の作品を踊る経験を重ねている7人のダンサー(羽田佐貴子、田中晶子、池田佳子、中島彩、佐々木加奈、石坂友里、岡本ひかる)が想いを込めて踊った。

osaka1209e_8120.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) 

続いて、小さな子供達もたくさん出演する波多野澄子振付の『シーズン』。この作品を波多野はバレエ教師として歩み始めた初期の頃に創り、その後改変を重ねているのだという。冬から始まって四季を順に踊り継いでいく、自然への優しい視点を感じる作品だった。
そして、今年のメインは、深川秀夫が波多野に請われて、この団体のために振付・初演した『真夏の夜の夢』。以前も観たことがあるがキャストが変わって新たな雰囲気になったシーンがあるなど、以前のことを思い出しながら楽しんだ。スカートを前や後ろにフワッとはたく動きなど、深川作品独特の “女の子の可愛らしさ” が表された群舞は、妖精たちが人間ではない森の生き物であることも感じさせる。幻想的な照明のなかで、どんどん不思議な物語のなかに引き込まれていった。タイターニアを踊った辻未来は小顔で気品を感じさせ、華やかな魅力もあり、この役によくあっていた。オーべロンの森充生も王らしい威厳と存在感。パックの窪田弘樹はメリハリの効いた踊りでさすが。また、飄々とした感じの弓場亮太のボトムは楽しく、美しいハーミアの藤井真理子、かっこいいライサンダー・吉田旭、コミカルなヘレナの中島登志子、ベテラン・大寺資二のデミトリアスと、それぞれ、役をよく活かして踊っていた。
深川の『真夏の夜の夢』で私がとても印象的で好きなのは、「結婚行進曲」の部分がアッという間に終わること。1フレーズあればストーリーは理解できるし、あの曲が長く続くとあまりにも日本で有名すぎる曲ゆえに誰かの結婚式を思い出してしまうから……。あの切り上げ方は素晴らしいセンスだと個人的に思う。だからこそ、真夏の夜の森の中に引き込まれた夢の中のような気分のままで気持ちよく終演を迎えることができた、とそんな風に感じた。
(2012年8月6日 神戸文化ホール大ホール)

osaka1209e_1117.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1209e_00207.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1209e_2103.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1209e_2107.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1209e_00072.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1209e_05432.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1209e_1844.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪) osaka1209e_1961.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪) osaka1209e_2133.jpg 撮影:正路隆文(テス大阪)