ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.05.10]
From Osaka -大阪-

初々しい若手とヴェテラン・ダンサーの素晴らしい動きが際立った赤松優バレエ学園

演出・振付:赤松優『ラ・シルフィード』『アラジン』他
赤松優バレエ学園

赤松優バレエ学園の今年の舞台で、まず印象に残ったのは、第2部の『ラ・シルフィード』より2幕の抜粋。
シルフィードを踊ったのは、成広麻美子、ジェームズが有馬和弥。有馬はクセがなく基礎に忠実な美しい動き、体型のバランスも良くて初々しく自然な感じで好感が持てた。おそらく大きな役はまだ不慣れであろう新人ダンサー、表情は若干硬いように思えたが、これからの成長に期待したい。
そして、多くの小品が上演されたコンサートのラスト2作も良かった。久世めぐみと恵谷彰による『海賊』第2幕よりグラン・パ・ド・ドゥは、2人の余裕たっぷりに見える高いテクニックで、のびのびと鮮やかな踊り。客席も大いに盛り上がった。
そして、矢野陽子と沖潮隆之の『ロミオとジュリエット』よりバルコニーシーン。矢野は、大きな瞳でのトキメク表情が冒険心豊かでチャーミングな少女という感じ。優しげな表情の沖潮とともに、初恋に心が浮き立つ様をよく表現していた。
ラスト、第4部はたくさんの子供たちも出演しての『アラジン』。代表の赤松優も王様役で出演。アラジンは恵谷彰で、プリンセス・ジャスミンは西友里江。西は基礎を大切にした丁寧な踊りで良い感じ。恵谷は優れた実績を持つヴェテラン・ダンサー、動きが素晴らしいだけでなく、こういった若いパートナーと踊っても、しっくりと自然な若いカップルに見える雰囲気を持っているのも良いなとあらためて感じた。
(2012年4月7日 神戸文化ホール・中ホール)

osaka1205e_07.jpg 撮影:金原優美(テス大阪) osaka1205e_14.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1205e_03.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1205e_04.jpg 撮影:金原優美(テス大阪)
osaka1205e_05.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1205e_10.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)