ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.05.10]
From Osaka -大阪-

伸び盛りのダンサーたちが魅力を発揮した『ラ・プリマヴェラ~春』

演出:貞松融・浜田蓉子、演出・振付・指導:貞松正一郎『ラ・プリマヴェラ〜春』
貞松・浜田バレエ団

10回目を迎えた貞松・浜田バレエ団の春の公演『ラ・プリマヴェラ〜春』。阪神大震災の翌年に「がんばろう神戸」という思いを胸にスタートした企画だそうだが、当初から新人ダンサーたちの活躍の場という意味合いも持っていたということで、今回、その原点に戻り、近年のなかでは特に新人ダンサーたちそれぞれの個性を観ることができる内容になっていた。

osaka1205b_05.jpg 撮影:井上達人(テス大阪)

全幕公演の折は主にコール・ド・バレエを踊ることが多い若手ダンサーたちが、順にグラン・パ・ド・ドゥを披露したのだが、誰もが一定のレベル以上のプロであることが分かると同時に、それぞれが持つ魅力が見えてきた。例えば、『くるみ割り人形』よりグラン・パ・ド・ドゥを塚本士朗とともに踊った清田奈保は、とても女の子らしい甘い可愛らしさ、『アルレキナーダ』のグラン・パ・ド・ドゥを踊った小田綾香と幸村恢は芝居っけたっぷり、表情豊かでコミカルな演技が良く、『海賊』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊った小松原千佳はテクニックを活かしての笑顔が輝く華やかな魅力など。

osaka1205b_12.jpg 撮影:井上達人(テス大阪)

そして、少しずつソリストなどの主要な役を踊る機会も増えてきているダンサーたちは、伸び盛りの魅力がたっぷり。前述の塚本士朗や水城卓也はそんなダンサーだ。他に、武藤天華をパートナーに『ある詩人の歌』を踊った谷村さやかの踊りの素直で優しい柔らかい雰囲気、『ラ・シルフィード』の上山榛名の清純な可愛らしさ、大門智の自然な表情も良かった。そして、今回、そんななかでも特に印象に残ったのは『パキータ』のエトワールを踊った川﨑麻衣だ。華奢な手脚のラインを美しく使い、繊細で気品を漂わせた踊り。淑女の大人っぽさのなかに少女の清楚さが混ざったような危うい魅力も感じられた。香り立つようなものを出せるダンサーとして、これからどんどん伸びていくような気がする。
若手の活躍のなかで、一作、先輩格のダンサー達が披露した作品も印象に残った。それは、堤悠輔振付で、堤自身と正木志保、佐々木優希、瀬島五月が踊った『Simmering Cells』。身体にぴったりした衣裳、顔にもペインティングしたダンサーたちが、何か観たことのない妙な生物のように蠢く。“Simmering”というのは、“今にも爆発しそうな”という意味であったり、料理の手順のなかでは、ぐつぐつ煮える様子だったり……。踊る細胞をイメージした作品だという。型にはまらない何か大きなものが4人のダンサーから発散されて、エネルギーを直接受け取ったような気がした。それが、このダンサーたちが踊ることそのものから出るエネルギーといえるのかも知れない。
最後は、『ナポリ』よりの踊りを出演者全員で華やかに、笑顔たっぷりのとても楽しいフィナーレとなった。
今後、主役を踊れそうなダンサーが続々と育っていることを実感した一夜になった。
(2012年4月6日 兵庫県立芸術文化センター・阪急中ホール)

osaka1205b_03.jpg 撮影:井上達人(テス大阪) osaka1205b_06.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1205b_09.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1205b_14.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1205b_15.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1205b_16.jpg 撮影:古都栄二(テス大阪)