ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.01.10]
From Osaka -大阪-

神戸学院大学Green Festival「泉鏡花を踊る〜サイトウマコトの世界」

振付:サイトウマコト『春昼』『黄昏れる砂の城』
神戸学院大学

神戸学院大学主催で、地域住民や学生、教職員が一流の舞台芸術に接する機会をと、毎年、春と秋にクラシック音楽や演劇、ダンスなどの国内外のアーティストを招き、5〜9回の無料公演を行っているグリーンフェスティバル。その一環として行われた公演で、サイトウマコト振付の『春昼』と『黄昏れる砂の城』が上演された。

osaka1201c0133.jpg 『春昼』撮影:守谷遼平

私は『黄昏れる砂の城』は、数年前にも観たことがあり、とても心に残っている作品だった。泉鏡花の『春昼後刻』に想を得たものだなのだが、今回は、その前編としてサイトウが振付けた『春昼』と続けての上演ということで、さらに興味深かった。
「うたた寝に恋しき人を見てしより夢てうものは頼みそめてき 玉脇みを」この歌に迷って死んだ1人の男の物語。
まず、『春昼』を踊ったのは振付のサイトウマコト自身と関典子。長く伸びる衣裳の袖で繋がり、密着した状態から舞台の端と端にまで遠く離れた状態になっても繋がっている。関が持つ独特のオブジェのような雰囲気と、その不思議な魅力に憑かれたようにもがき狂うサイトウの踊り。死の空気が初めから最後まで漂い続けるような濃密な時間が不思議に心地よかった。

osaka1201c0305.jpg 『黄昏れる砂の城』 撮影:山下一夫

後半は『黄昏れる砂の城』。以前観た時とキャストが一部変わっていた。今回のキャストは、海を見晴らす静かな岡に住む謎の美女・玉脇みをを関典子、彼女と出会う散策師にザビエル守之助、みをに恋焦がれ海に沈んだ男にヤザキタケシ、その男が迷い込んだ山中で見つけた幻想の中で生きる玉脇みをに白井麻子。4人それぞれ、これまでの身体の訓練の仕方も、生き方もおそらくまったく違っている、そして、そのそれぞれがとても強い個性を持っている──4人が創り出す雰囲気にぐいぐい引き込まれるような舞台だった。全体に暗いトーンなのだが、どこかコミカルだったり、大正・昭和的な哀愁が感じられたり……音も一役買っていた。海の音、山の音に加えての、どこか懐かしいメロディ。
客席にいても、舞台上のその不思議な世界に取り込まれてしまいそうな、妖しい作品だと、あらためて感じた。
(2011年11月25日 神戸学院大学有瀬キャンパス メモリアルホール)

osaka1201c0173.jpg 『春昼』撮影:守谷遼平 osaka1201c0235.jpg 『黄昏れる砂の城』撮影:守谷遼平
osaka1201c0242.jpg 『黄昏れる砂の城』撮影:守谷遼平 osaka1201c0382.jpg 『黄昏れる砂の城』撮影:山下一夫