ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2011.09.12]
From Osaka -大阪-

海外組のダンサーが参加して見応えがあったソウダバレエスクール公演

振付:宗田静子他 第12回ソウダバレエスクール公演
ソウダバレエスクール
osaka1109c07.jpg 『海賊』撮影:イングルウッド 近藤幸博

康村和恵や清水健太をはじめ、数々のダンサーを海外や日本を代表するカンパニーに、はばたかせて来たソウダバレエスクールの学校公演。現在海外のカンパニー所属のダンサーや留学中の生徒も出演しての見応えのある舞台だった。
幕開けは『海賊』第3幕より花園。小学校高学年から中学生のようだが、ソリストを中心に長い手脚に恵まれた体型の子が多く、まだ発展途上ながらもどの子も素直な踊りで好感が持てた。メドーラの谷河真奈、グリナーラの花野あかりの2人が一段と華やかさを持っていたのもさすが。
ヴァリエーションやグラン・パ・ド・ドゥを踊った出演者はみんな一定のレベル以上で、それぞれの個性も感じさせたのが良い。なかでも印象に残ったものがいくつかある。
上村崇人をパートナーに『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』を踊った毛利実沙子の女性ヴァリエーションは、メリハリが効いていて弾むように楽しげ、踊りにセンスが感じられて観ていて楽しくなった。また、『ライモンダ』よりのヴァリエーション1の秋田彩華、動きが柔らかく夢見るようななめらかさに引き込まれた。『白鳥の湖』より黒鳥と王子のグラン・パ・ド・ドゥの涌田美紀(サンホセバレエ)と末原雅広は、2人ともテクニックが高い上に演技が細かく自然。末原は王子というタイプではないように普段感じているが、のびやかで鮮やか、踊る喜びが全身から溢れていて、この場面の王子の気持ちがストレートに伝わってくるような気がした。
コンテンポラリー・ダンスも2演目上演された。ダンス・アカデミー・チューリッヒに留学中の十川大介が踊ったArlette Kunz振付の『Holon』と、スロバキア・ナショナル・バレエ所属の佐藤玲緒奈がサイトウマコトの振付で踊った『The tremulous hand』。『Holon』の十川はバランスの取れた体型で素直な動き、これからの成長が楽しみ。佐藤が踊った『The tremulous hand』は、“震える手”といった意味かと思うが、追い詰められ、翻弄されるようなさまが身体全体で表されていて、こちらに迫ってくるものがあった。
また、『バヤデール』より幻影の場、ニキヤを踊った石井未央は叙情性があって、いつか白鳥を踊る姿も観てみたいと思えるダンサー。ソリストの三好妃登美、日々マリア、藤本華奈も美しい脚のラインなどが印象的だった。
ラストは『パキータ』で、岡田あんりと上村崇人、2人のイキイキとした、高いテクニックに基づいた楽しさが溢れる踊りで華やかに幕を閉じた。
(2011年8月5日 新大阪メルパルクホール)

osaka1109c01.jpg 『パキータ』撮影:イングルウッド 近藤幸博 osaka1109c02.jpg 『パキータ』撮影:イングルウッド 近藤幸博
osaka1109c03.jpg 『ラ・バヤデール』撮影:イングルウッド 近藤幸博 osaka1109c04.jpg 『白鳥の湖』撮影:イングルウッド 近藤幸博
osaka1109c05.jpg 『Holon』撮影:イングルウッド 近藤幸博 osaka1109c06.jpg 『The tremulous hand』撮影:イングルウッド 近藤幸博