ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2010.05.10]
From Osaka -大阪-

牧阿佐美バレヱからゲストを招いて『パキータ』ほか、オオカワ・バレエ・アーツ

大川律子、大川きづな:演出・振付
オオカワ・バレエ・アーツ
osaka1005b01.jpg

主宰の大川律子の娘である大川きづなが現在牧阿佐美バレエ団所属である縁で、同バレエ団から岩本桂、逸見智彦、中武啓吾、京當侑一籠、今勇也、中島哲也、濱田雄冴と7人のゲストを招いての舞台。

黒いレオタードでのオープニングで幕を開け、小品が続いた後、岩本桂と京當侑一籠に中心にした『パキータ』。華奢な岩本に白いチュチュが似合う。ヴァリエーションで感じさせた大人の憂いも良い。京當は美しく鍛えられた長い脚で伸びやかに踊る姿がとにかく眼を引く、関西で観る機会は少ないが、これからが楽しみな存在。パ・ド・トロワからソリスト、コール・ド・バレエにはジュニアたちが配され、良いダンサーとともに踊ることで多くのことを学んだだろうと思わせた。

ラストは『眠れる森の美女』より結婚式の場面。オーロラ姫を踊った中島有香はクセのない素直な踊りで落ち着いた雰囲気の上に華もある。デジーレ王子の逸見智彦、比較的クールな表情を見せることの多い彼に優しげな笑顔が出ていたのも印象的だった。

この団体の前回のレビューにも書いたかも知れないが、やはり今回も全体にレベルアップしたことが感じられ、回を重ねる毎に舞台の充実度が増してくるのが嬉しい。
(2010年3月31日 兵庫県立芸術文化センター大ホール)

 

osaka1005b02.jpg osaka1005b03.jpg osaka1005b04.jpg

撮影:古都栄二/阿部綾子(テス大阪)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。