ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2010.02.10]
From Osaka -大阪-

宮下靖子バレエ、クリスマス公演深川秀夫版『ドン・キホーテ』

深川秀夫:構成・演出・振付『ドン・キホーテ』
宮下靖子バレエ団
osaka1002b02.jpg

クリスマス・シーズンの23日に行われた宮下靖子バレエ団の公演は、深川秀夫演出『ドン・キホーテ』。
キトリを踊ったのは石田絢子、笑顔が明るく華やかさも持った踊りが良い。実はケガと戦いながらの舞台だったようだが、特に3幕はそんなことを感じさせない出来で、フェッテ・アントゥールナンもほとんど動かずに楽しそうにこなしていた。バジルはセルゲイ・サボチェンコ、飄々とした彼の雰囲気はこの役にとても合う。特に狂言自殺の場面などを観ていると当たり役であることを実感。
メルセデスの井澤照予は初々しく清らかさを感じさせる踊り、酒場の場面に登場する居酒屋の女役・やすなみずほは中東的なイメージの大人の魅力、また、ジプシーの女・中西貴子は長身活かしての迫力が恐いほど出ていて素晴らしかった。こういったソリストたちの活かし方も上手いのが深川演出だとつくづく思う。
また、夢の場は幕が開いたとたん、溜息が出てしまうほどの美しさ、星空の背景に白に近い色を基調とした衣装の妖精達、深川のセンスと松浦眞也の照明の力、その色調が夢の場のなかの踊りに合わせて変化してゆくのも良かった。ここでは森の女王を踊った井澤照予とキューピットの伊東葵の二人ともが、とても美しいラインを出していたのも印象的。
深川秀夫のバレエ団の特性を知った上でのセンスの良い演出の力をあらためて感じた舞台だった。
(2009年12月23日 京都会館第一ホール)

osaka1002b01.jpg osaka1002b03.jpg osaka1002b04.jpg
osaka1002b05.jpg osaka1002b06.jpg  

撮影:岡村昌夫/文元克香(テス大阪)
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。